コンテンツへスキップ

ドットコム通販は、受注管理|通信販売サポートする受注管理ソフト(通販ソフト)です。

ドットコム通販で使用するフィルタの定義をします。

 

フィルタの定義とは

ドットコム通販で使用するフィルタの定義をします。複数の受信メールから注文メールのみを取り出す為の定義や注文メールの項目内容を取り込む定義を全てこの画面で行います。

フィルタとは、注文メールを受信して注文メール内の項目を取り出す為に定義したものです。フィルタ内で使用する項目は、ドットコム通販で予め用意されています。用意された項目の中から注文メールにある取り込む為の項目名称を指定します。

注文メールには、特殊な構造で表現している項目があります。ドットコム通販では、この様な項目は、「特殊」という位置付けで扱っています。この特殊項目に対しては、専用プログラムで項目を取り出します。

フィルタは、標準的な仕様で定義してありますのでそのまま利用出来ます。仕様にない項目や形式が異なる項目がある場合は、追加・変更します。追加変更は、ここで行います。

※楽天のフィルタ定義もここで行います。

フィルタは、10のグループに分類されています。

  • 基本
  • 注文主
  • お届け先
  • 商品明細
  • 商品合計
  • 配送
  • 注文オプション
  • 注文主オプション
  • 商品オプション
  • その他注文

フィルタの使用項目定義」で指定登録した項目のみが「フィルタの定義」画面に表示されます。

例えば、「注文主」の場合は、以下の様になります。

※フィルタで扱う全ての項目は、ドットコム通販で扱える様になっています。注文メールにこれらの項目以外の項目がある場合は、取り込むことが出来ません。しかし、工夫すれば取り込めることがほとんどです。

 

画面項目の説明

「フィルタの選択」画面の「変更」ボタンをクリックするとこの画面が表示されます。

 

基本定義

この部分を基本定義と呼びます。

 

フィルタ名

フィルタ名を入力します。分かり易い名称を入力します。
初期値は、「フィルタのインポート」画面に表示されているフィルタ名(ショッピングカート名)です。

 

このフィルタを使用する

このフィルタを使用するする場合にチェックを付けます。

※ドットコム通販Lightには、自動的にチェックが付きます。変更出来ません。

 

このフィルタを標準にする

このフィルタを標準にする場合にチェックを付けます。
チェックを付けて登録すると「フィルタの選択」画面に「標準」が表示されます。

複数のフィルタを使用する場合、主に使うフィルタを「標準」にしておくとフィルタ選択項目の初期値として表示されます。

※ドットコム通販Lightには、自動的にチェックが付きます。変更出来ません。「フィルタの選択」画面に「標準」 は、表示されません。

 

基本

複数の受信メールから注文メールのみを取り出す為の定義などを行います。

 

アカウント

このフィルタを使って注文メールを取り込む時のアカウントを選択します。
アカウントの登録」で設定した内容から選択出来ます。
アカウントの登録は、先に行っておく必要があります。

 

注文メール件名

注文メールの件名を入力します。この件名によって受信したメールが注文メールかどうかを判定します。

例えば、注文メールの件名が ”○注文” の場合、ここに ”○注文” と入力します。(””は、必要有りません)

 

注文メール件名の扱い条件

指定した「注文メール件名」が注文メールとして判定される条件を選択します。
以下の条件があります。

  • 先頭一致
  • あいまい一致
  • 絶対一致

 

先頭一致

受信したメールの件名の先頭からの文字列と指定した「注文メール件名」が同じであれば注文メールと判定します。

(例)
注文メールの件名が ”○注文 201709061920” の場合、注文メール件名は、 ”○注文” と入力します。そして、この扱い条件は、先頭一致にします。

201709061920”の部分が、注文日時である場合は、注文毎に件名が変わります。
先頭から数文字まで変わらない件名の場合に指定します。

 

あいまい一致

受信したメールの件名の文字列中に指定した「注文メール件名」があれば注文メールと判定します。

(例)
注文メールの件名が ”201709061920 ○注文” の場合、注文メール件名は、 ”○注文” と入力します。そして、この扱い条件は、あいまい一致にします。

201709061920”の部分が、注文日時である場合は、注文毎に件名が変わります。
件名の一部が変わらない場合に指定します。

 

絶対一致

受信したメールの件名と指定した「注文メール件名」が完全に一致すれば注文メールと判定します。

(例)
注文メールの件名が ”○注文” の場合、注文メール件名は、 ”○注文” と入力します。そして、この扱い条件は、絶対一致にします。

注文メールの件名が変わらない場合に指定します。

 

注文メールの取込先

注文メールと判定されたメールを「メール管理」のどこに格納するかを指定します。
格納先は、以下から選択します。

  • 受信トレイに取り込む
  • 次のフォルダに取り込む

 

受信トレイに取り込む

指定アカウントの「受信トレイ」に受信した注文メールを格納します。
受信トレイは、「メールトレイの登録」で予め「使用する」にチェックを付けて登録しておく必要があります。

 

次のフォルダに取り込む

指定アカウントの受信トレイの選択フォルダに受信した注文メールを格納します。
フォルダは、「メールフォルダの登録」で「トレイ名」を「受信トレイ」として使用するフォルダを登録します。そして、使用するフォルダの「使用する」にチェックを付けて登録しておきます。

 

注文メール内に注文主電話番号が無くても取り込む

ドットコム通販では、注文主(お客様)を電話番号で管理しています。ところが、注文メール内に電話番号がない注文があります。その注文を取り込む場合にチェックを付けます。

受信した注文メール内に電話番号がなければ、自動的にダミー番号を付けます。ダミー番号は、頭が1から始まる11桁の数字(連番)で構成されています。

 

内税時、注文メールの商品単価は、税抜きである

消費税を内税で扱っている場合でも注文メールの商品単価が税抜き表示されていれば、チェックを付けます。

ショッピングカートによっては、消費税を内税で扱っていても商品単価に消費税が加算されていない状態で来る注文メールがあります。このようなショッピングカートをお使いの場合には、チェックを付けます。

※取り込んだ注文データを表示する「注文詳細」画面では、取り込んだ税抜きの商品単価をそのまま表示します。そして、商品の追加や削除、再計算などが出来ない様に制限します。
こうしないと注文メールの内容と違ってくる為です。
ドットコム通販の仕様では、内税の場合、商品単価には必ず消費税が含まれていなければなりません。この場合は、特例として扱います。

※内税かどうかは、「環境設定」画面-「基本」に設定してある消費税種類の内容で決めます。内税でなければ、この項目は、指定できないように制御しています。

 

注文メール受信時に「入金済み」にする(入金金額に請求金額設定)

注文メール受信時に「入金済み」にする場合にチェックを付けます。
注文時に入金が確定しているショッピングカートがあります。 この場合、ここにチェックを付けておけば入金処理の手間を省くことが出来ます。

この注文内容を表示する「注文詳細」画面の「進捗状況」-「入金済み」がONの状態になります。また、請求金額を入金金額にします。

入金日を以下から選択

入金日を何時にするかを指定します。以下の中から選択します。

  • 注文日(注文日として受け取った注文メール内の日付)
  • 受付日(注文メール受信時のコンピュータ日付)
  • 入金日(入金日として受け取った注文メール内の日付)
  • 手入力(入金日は、後から手入力する)

 

詳細

注文メールの不要な部分を切り捨てないと正常に情報(項目)が取り込むことが出来ない場合に指定します。

注文メールの中には、注文に関係のない文章が注文内容の前後に入っている場合があります。この文章の中には、フィルタで定義した「取り込み項目名称」と同じ文字列(名称)が含まれている場合があります。

同じ文字列(名称)が含まれている場合は、正常にその内容を取り込むことが出来ないのでこの部分を取り込まないようにここで設定します。

 

先頭文字からの不用分を指定

注文メールの先頭から指定内容まで取り除く場合にチェックを付けます。
指定方法は、以下の3つの中から選択します。

  • 先頭文字から指定文字数分無視する
  • 先頭行から指定行数分無視する
  • 以下に指定した文字列が出現するまでを無視する

 

先頭文字から指定文字数分無視する

先頭文字から取り除く部分を文字数で指定する場合、その文字数を入力します。(最大1000文字)

先頭行から指定行数分無視する

先頭行から取り除く行数を指定する場合、その行数を入力します。(最大100行)
この場合、改行までを1行とします。

以下に指定した文字列が出現するまでを無視する

入力した文字列が先頭から探して出現するまでの内容を取り除く場合に指定します。
以下の内容を指定します。

  • 無視文字列
  • 指定文字列も無視

無視文字列

無視する部分までを特定する為の文字列を入力します。

指定文字列も無視

入力した「無視文字列」も含めて取り除く場合にチェックを付けます。

 

最後文字からの不用分を指定

注文メールの最後から指定内容まで取り除く場合にチェックを付けます。
指定方法は、以下の3つの中から選択します。

  • 最後文字から指定文字数分無視する
  • 最後行から指定行数分無視する
  • 以下に指定した文字列以後を無視する

 

最後文字から指定文字数分無視する

最終文字から取り除く部分を文字数で指定する場合、その文字数を入力します。(最大1000文字)

最後行から指定行数分無視する

最終行から取り除く行数を指定する場合、その行数を入力します。(最大100行)
この場合、改行までを1行とします。

以下に指定した文字列以後を無視する

入力した文字列が最終文字から探して出現するまでの内容を取り除く場合に指定します。
以下の内容を指定します。

  • 無視文字列
  • 指定文字列も無視

無視文字列

無視する部分までを特定する為の文字列を入力します。

指定文字列も無視

入力した「無視文字列」も含めて取り除く場合にチェックを付けます。

 

その他

注文メール内の判定文字を設定したり商品オプションに対応した設定などを行います。

 

注文メールの判定文字を設定します(全角50文字まで)

注文メール内に判定項目がある場合、有効と判定するための文字列を入力します。
判定項目がない場合は、空欄にしておきます。
判定文字の設定項目は、6つあります。

  • ニュース購読了承文字
  • のし有り文字
  • ラッピング有り文字
  • メッセージカード有り文字
  • 領収証有り文字
  • 商品非課税文字

 

ニュース購読了承文字

注文メールにメールニュース購読有無の項目がある場合、「購読する」と判定する為の文字列を入力します。

「購読する」と判定された場合は、注文主情報の「メールニュース購読」項目にチェックが付きます。以下のプログラムで確認出来ます。

(例)
フィルタのメールニュース購読項目が「購読希望:」だとします。
注文メールに「購読希望:はい」とあるものをメールニュースを購読するとする場合、この
"はい" を入力します。(””は、必要ありません)
"はい" 以外の文字が注文メールにあってもメールニュース購読希望にはなりません。

 

のし有り文字

注文メールにのし有無の項目がある場合、「あり」と判定する為の文字列を入力します。

取り込まれた内容は、「その他の注文情報」画面-「のし」の「のし有無」項目セットされます。

(例)
フィルタののし有無項目が「のし:」だとします。
注文メールに「のし:あり」とあるものをのしを希望するとする場合、この "あり" を入力します。(””は、必要ありません)
"あり" 以外の文字が注文メールにあってものしありにはなりません。

 

ラッピング有り文字

注文メールにラッピング有無の項目がある場合、「あり」と判定する為の文字列を入力します。

取り込まれた内容は、「その他の注文情報」画面-「ラッピング」の「ラッピング有無」項目セットされます。

(例)
フィルタのラッピング有無項目が「ラッピング:」だとします。
注文メールに「ラッピング:あり」とあるものをラッピングありとする場合、この "あり" を入力します。(””は、必要ありません)
"あり" 以外の文字が注文メールにあってもラッピングありにはなりません。

 

メッセージカード有り文字

注文メールにメッセージカード有無の項目がある場合、「あり」と判定する為の文字列を入力します。

取り込まれた内容は、「その他の注文情報」画面-「メッセージ」の「カード有無」項目セットされます。

(例)
フィルタのメッセージカード有無項目が「メッセージカード:」だとします。
注文メールに「メッセージカード:あり」とあるものをメッセージカードありとする場合、この
"あり" を入力します。(””は、必要ありません)
"あり" 以外の文字が注文メールにあってもメッセージカードありにはなりません。

 

領収書有り文字

注文メールに領収書有無の項目がある場合、「あり」と判定する為の文字列を入力します。

取り込まれた内容は、「その他の注文情報」画面-「領収書」の「領収書有無」項目セットされます。

(例)
フィルタの領収書有無項目が「領収書:」だとします。
注文メールに「領収書:あり」とあるものを領収書ありとする場合、この "あり" を入力します。(””は、必要ありません)
"あり" 以外の文字が注文メールにあっても領収書ありにはなりません。

 

商品非課税文字

注文メールの商品明細に非課税情報の項目がある場合、「非課税」と判定する為の文字列を入力します。

(例)
「商品明細」フィルタの非課税区分項目が「非課税:」だとします。
注文メールに「非課税:非課税」とあるものを非課税商品とする場合、この "非課税" を入力します。(””は、必要ありません)
"非課税" 以外の文字が注文メールにあっても非課税商品にはなりません。

 

「商品オプション設定」ボタン

このボタンをクリックすると「商品オプション設定」画面が表示されます。
フィルタ設定の商品オプション1~10に対応した詳細な設定が行えます。

 

「追加項目設定」ボタン

このボタンをクリックすると「注文詳細」または、「注文内容」の「コメント・備考」欄に表示させる項目を追加指定する「コメント・備考に追加する項目指定」画面が表示されます。

 

フィルタ

注文メールの項目を取り込む為の定義をします。ショッピングカートからの注文メールは、様々ですのでそれらの内容に合わせます。

フィルタは、10のグループに分類されています。

  • 基本
  • 注文主
  • お届け先
  • 商品明細
  • 商品合計
  • 配送
  • 注文オプション
  • 注文主オプション
  • 商品オプション
  • その他注文

フィルタの使用項目定義」で指定登録した項目のみが「フィルタの定義」画面に表示されます。

フィルタ内の各項目については、「フィルタ項目の設定方法」で説明します。

各フィルタの切り換えは、「切り換え」ボタンで行います

 

基本

「基本」フィルタの内容を入力します。
ここで設定して取り込まれた内容は、「注文詳細」画面に表示されます。

 

注文主

「注文主」フィルタの内容を入力します。
ここで設定して取り込まれた内容は、「注文詳細」画面に表示されます。
また、以下のプログラムでも確認出来ます。

 

お届け先

「お届け先」フィルタの内容を入力します。
ここで設定して取り込まれた内容は、「注文詳細」画面に表示されます。

 

商品明細

「商品明細」フィルタの内容を入力します。
ここで設定して取り込まれた内容は、「注文詳細」画面に表示されます。

 

商品合計

「商品合計」フィルタの内容を入力します。
ここで設定して取り込まれた内容は、「注文詳細」画面に表示されます。

 

配送

「配送」フィルタの内容を入力します。
ここで設定して取り込まれた内容は、「注文詳細」画面に表示されます。

 

注文オプション

「注文オプション」フィルタの内容を入力します。
ここで設定して取り込まれた内容は、「その他の注文情報」画面-「オプション」に表示されます。

 

注文主オプション

「注文主オプション」フィルタの内容を入力します。
ここで設定して取り込まれた内容は、以下のプログラムの「オプション」で確認出来ます。

 

商品オプション

「商品オプション」フィルタの内容を入力します。
ここで設定して取り込まれた内容は、「注文詳細」画面-「商品明細欄」に表示されます。

 

その他注文

「その他注文」フィルタの内容を入力します。
ここで設定して取り込まれた内容は、「その他の注文情報」画面に表示されます。

 

開始文字列|終了文字列

注文メール内を開始文字列と終了文字列で区切った部分が各フィルタで取り込む項目範囲になります。

 

開始文字列

設定している取り込み対象(項目群)の開始位置を文字列で指定します。
ここに指定した文字列以降が取り込み対象となります。

(例)
注文主情報に関する情報部分の開始位置として、以下の文字列を指定

----------(発注者)----------

 

開始文字列を含める

取り込み対象に「開始文字列」も含める場合にチェックを付けます。

(例)
開始文字列を

----------(発注者)----------

とした場合、この文字を含める場合にチェックを付けます。

 

終了文字列

設定している取り込み対象(項目群)の終了位置を文字列で指定します。
ここに指定した文字列までが取り込み対象となります。

(例)
注文主情報に関する情報部分の終了位置として、以下の文字列を指定

----------(お届け先)----------

 

終了文字列を含める

取り込み対象位置に「終了文字列」も含める場合にチェックを付けます。

(例)
終了文字列を

----------(お届け先)----------

とした場合、この文字を含める場合にチェックを付けます。

 

「標準に戻す」ボタン

このボタンをクリックすると「標準に戻す」画面が表示されます。
登録してあるフィルタ定義情報をドットコム通販の初期設定値(標準)に戻す場合に使用します。

※予備フィルタを選択した場合、このボタンは、使用出来ません。
※ドットコム通販Lightでは、表示されません。

 

フィルタ項目の設定方法

各フィルタの項目設定方法は、同じです。一覧項目には、以下の項目があります。

  • 項目内容
  • 先頭改行含む
  • 取り込み項目名称(前部)
  • 取り込み項目名称(後部)
  • 改行あり
  • 無視文字数
  • 有効文字数
  • 末尾区切文字
  • 「特殊」ボタン
  • 繰返区分(「商品明細」フィルタのみ)

 

項目内容

フィルタの使用項目定義」画面で「使用する」にチェックを付けた項目の名称が表示されます。

 

先頭改行含む

「取り込み項目名称(前部)」で指定する文字列の先頭に改行を含めるかどうかを指定します。チェックを付けると含めます。

(例)
以下の様にフィルタ設定されているとします。

  • ふりがな1 → ふりがな:
  • 担当者ふりがな1 → 担当者ふりがな:

注文メールは、次の様になっているとします。(但し、ふりがな:は、注文メールにない)

担当者ふりがな: つうはん たろう

上記フィルタ設定の場合だと「ふりがな1」に「つうはん たろう」が取り込まれてしまいます。
これは、「担当者ふりがな:」の中に「ふりがな:」が含まれている為、これに続く内容を「ふりがな1」と判断して取り込むからです。

担当者ふりがな: つうはん たろう

この場合、「ふりがな1」の「先頭改行含む」にチェックを付けて登録します。

※「取り込み項目名称(前部)」に指定する文字列と同じ内容の文字列が含まれる場合には、注意します。

 

取り込み項目名称(前部)

注文メールの取り込み項目がどこから始まるかの文字列を入力します。

(例)
注文メールの注文日が以下の様になっている場合、2017/04/13を取り込むには、取り込み項目名称(前部)に "注文日:" を入力します。

注文日: 2017/04/13

この場合、注文日のフィルタ定義を以下の様にします。他の項目は、指定しません。

  • 取り込み項目名称(前部) → 注文日:
  • 末尾区切文字 → C/L

 

取り込み項目名称(後部)

注文メールの取り込み項目がどこで終わるかの文字列を入力します。

(例)
注文メールの商品が以下の様な形式になっている場合、商品を取り込むには "" を入力します。

商品1 釣り用ベスト
商品2 釣り用帽子

取り込み項目名称に数字が入り(商品1~n)しかも商品の数分その数字は増えていきます。商品明細の項目である備考・単価・数量などの場合にも有効です。

この場合、商品のフィルタ定義を以下の様にします。他の項目は、指定しません。

  • 取り込み項目名称(前部)  →  商品
  • 取り込み項目名称(後部)  →  :
  • 末尾区切文字  →  C/L

 

改行有り

取り込み項目名称(前部)に続いて取り込む内容が続いてなく、改行後にある場合にチェックを付けます。

(例)
注文メールの注文主お名前が以下の様になっている場合にチェックを付けます。

お名前:( 改行している)
通販 太郎

この場合、注文主お名前のフィルタ定義を以下の様にします。他の項目は、指定しません。

  • 取り込み項目名称(前部)  →  お名前:
  • 改行有り  →  チェックを付ける
  • 末尾区切文字  →  C/L

 

無視文字数

取り込み項目名称(前部)に続く文字列を無視して取り込む場合、その文字列の文字数を入力します。

(例)
注文メールが以下の様な形式になっている場合、住所を取り込むには、 " 〒509-02XX" の文字数、 "10"(先頭のスペースを含む) を入力します。

住所: 〒509-02XX 岐阜県可児市XXXX

この場合、住所のフィルタ定義を以下の様にします。他の項目は、指定しません。

  • 取り込み項目名称(前部)  →  住所:
  • 無視文字数  →  10
  • 末尾区切文字  →  C/L

 

有効文字数

取り込む項目の文字数が決まっている場合、その文字数を入力します。

(例)
注文メールの注文日が以下の様になっている場合、2017/04/13 だけをを取り込むには、日付を構成している文字数 "10" を入力します。

注文日: 2017/04/13-10:15

この場合、注文日のフィルタ定義を以下の様にします。他の項目は、指定しません。

  • 取り込み項目名称(前部) → 注文日:
  • 有効文字数 → 10
  • 末尾区切文字 → C/L

 

末尾区切文字

取り込む項目の最終文字の次の文字が何かを指定します。
特殊文字としては、以下のものを用意しています。

  • C/L ・・・・ 改行を意味します
  • CR ・・・・ キャリジリターン
  • LF ・・・・ ラインフィード
  • SP1 ・・・ 半角スペースを意味します
  • SP2 ・・・ 全角スペースを意味します
  • END ・・・ 注文メールの最後まで

(例)
以下の郵便番号を取り込む場合の末尾区切文字について

  • 〒000-0000(改行)  →  C/L
  • 〒000-0000 東京都  →  SP1(郵便番号と住所が半角スペースで区切られている)
  • 〒000-0000 東京都  →  SP2(郵便番号と住所が全角スペースで区切られている)

※C/L、CR、LF の特殊文字は、実際には文字として目に見えません。このため、区切り文字としてどれを指定して良いか分からなくなります。その場合は、ショッピングカート提供者にお尋ね下さい。

(例)
以下の郵便番号を取り込む場合

住所: (〒509-02XX) 岐阜県可児市XXXX

この場合、郵便番号のフィルタ定義を以下の様にします。他の項目は、指定しません。

  • 取り込み項目名称(前部) → 住所: (〒
  • 末尾区切文字 → )

 

「特殊」ボタン

ショッピングカートによっては、ドットコム通販の標準機能では取り込むことが出来ない形式の項目があります。その項目は、「特殊」として位置付け専用プログラムで取り込みます。

このボタンをクリックすると「フィルタの特殊設定」画面が表示されます。
この画面でどの専用プログラムを使うかを指定します。

特殊設定されているとその行の項目は、赤字で表示されます。

※「特殊」ボタンをクリックして「フィルタの特殊設定」画面で設定した場合は、必ず「登録」ボタンをクリックして特殊設定した内容を登録します。

「登録」ボタンをクリックせずに「閉じる」ボタンをクリックするとメッセージが表示されますので「いいえ(N)}をクリックして「登録」ボタンをクリックします。

 

繰返区分

「商品明細」フィルタのみの項目です。

複数商品注文がある場合、注文メール内に同じ項目名称(商品名・単価・数量など)が何回も繰り返されます。

設定した内容で繰り返し 同じ項目を取り込む場合、「商品明細」フィルタに設定した全ての項目に対してチェックを付けます。。

(注意)
チェックを付けないと注文メールに複数の注文商品があっても最初の1商品目のみ取り込んで終了します。「商品明細」フィルタの場合、設定した項目全てにチェックを付けます。

 

フィルタの定義の操作

「フィルタの選択」画面の「変更」ボタンをクリックするとこの画面が表示されます。

 

変更

画面項目を変更します。変更後は、「登録」ボタンをクリックします。

メッセージが表示されますので「OK」ボタンをクリックします。

※「特殊」ボタンをクリックして「フィルタの特殊設定」画面で設定した場合は、必ず「登録」ボタンをクリックして特殊設定した内容を登録します。

「登録」ボタンをクリックせずに「閉じる」ボタンをクリックするとメッセージが表示されますので「いいえ(N)}をクリックして「登録」ボタンをクリックします。

 

操作終了

操作が終了したら「閉じる」ボタンをクリックして画面を閉じます。

 

ドットコム通販は、受注管理|通信販売サポートする受注管理ソフト(通販ソフト)です。

ドットコム通販が標準で登録しているフィルタの一覧を表示します。選択してインポートすることによりそのフィルタを使用出来ます。

 

フィルタのインポートとは

ドットコム通販が標準で登録しているフィルタの一覧を表示します。選択してインポートすることによりそのフィルタを使用出来ます。

インポートするとそのフィルタは、一覧から消えます。既にインポートされているフィルタは、表示されません。

インポートしたフィルタは、標準的な仕様で定義してありますのでそのまま利用出来ます。

Amazon|Yahoo!|楽天のフィルタも標準で組み込んでいますのでインポートして利用出来ます。また、フィルタを一から生成出来る様に予備フィルタを5つ用意しています。こちらもインポートして使用出来ます。

※Amazon|Yahoo!|楽天のフィルタは、以下のグレードのみの機能です。

  • ドットコム通販LAN
  • ドットコム通販PRO

※イドットコム通販に標準で登録されているフィルタは、消費税の種類(内税・外税)が混在しています。これは、最初に頂いたお客様のショッピングカートの注文メール形式に合わせてフィルタを生成している為です。フィルタの金額欄は、インポート後、必ず確認して下さい。

※ドットコム通販Tinyには、この機能はありません。

 

画面項目の説明

「フィルタの選択」画面の「インポート」ボタンをクリックするとこの画面が表示されます。

※既にインポートされているフィルタによって表示される内容は、異なります。

 

一覧画面

ドットコム通販が標準で登録しているフィルタの一覧を表示します。
一覧画面には、以下の項目があります。

  • フィルタ名
  • 使用

 

1からの連番です。自動的に付けられます。

 

フィルタ名

ドットコム通販で利用出来るショッピングカート名が表示されます。

 

使用

インポートするフィルタの「使用」にチェックを付けます(複数指定可)。

※ドットコム通販Lightの場合、指定出来るのは、1つのみです。

 

「インポート」ボタン

このボタンをクリックすると、「使用」にチェックが付いているフィルタを利用出来るように「フィルタの選択」画面に追加または、上書きします。

追加するか上書きするかは、ドットコム通販のグレードにより異なります 。

 

ドットコム通販Light

インポートしたフィルタで「フィルタの選択」画面に表示されているフィルタを上書きします。
既に登録されているフィルタ内容は、選択したフィルタ内容に変わってしまいますので注意します。

 

ドットコム通販Light以外

インポートしたフィルタを「フィルタの選択」画面に追加します。

 

フィルタのインポートの操作

「フィルタの選択」画面の「インポート」ボタンをクリックするとこの画面が表示されます。

 

インポート

「ジョイカート(JOY CART)」フィルタをインポートしてみます。

「ジョイカート(JOY CART)」フィルタの「使用」にチェックを付けて「インポート」ボタンをクリックします。

確認メッセージが表示されますので「はい(Y)」をクリックします。

インポートが行われたことを示すメッセージが表示されますので「OK」をクリックします。

画面からは、「ジョイカート(JOY CART)」フィルタが消えました。

「フィルタの選択」画面には、「ジョイカート(JOY CART)」フィルタが追加されました。

 

操作終了

操作が終了したら「閉じる」ボタンをクリックして画面を閉じます。

 

ドットコム通販は、受注管理|通信販売サポートする受注管理ソフト(通販ソフト)です。

ドットコム通販Lightで使用するフィルタの選択画面を表示します。

 

フィルタの選択とは

ドットコム通販Lightで使用するフィルタの選択画面を表示します。フィルタは、予めドットコム通販に標準で登録されています。利用する場合は、登録されているフィルタの中から選択してインポートします。

ドットコム通販Lightで利用出来るフィルタ数は、1つです。インポートすると既に登録されているフィルタに上書きします。前のフィルタ情報は、残りませんので注意します。

インポートしたフィルタは、標準的な仕様で定義してありますのでそのまま利用出来ます。仕様にない項目や形式が異なる項目がある場合は、追加・変更します。
追加変更は、別画面「フィルタの定義」で行います。

※この画面は、ドットコム通販Light専用です。

 

画面項目の説明

メール設定(R)-「フィルタの選択」をクリックするとこの画面が表示されます。

 

フィルタ名

フィルタの定義」の「フィルタ名」の内容が表示されます。

※フィルタ名の初期値は、ショッピングカート名です。

 

「インポート」ボタン

このボタンをクリックすると、ドットコム通販Lightに標準で登録されているフィルタの一覧画面(「フィルタのインポート」画面)が表示されます。利用するフィルタを選択してインポート出来ます。

ドットコム通販Lightで利用出来るフィルタ数は、1つです。インポートすると既に登録されているフィルタに上書きします。前のフィルタ情報は、残りませんので注意します。

※ドットコム通販Lightに標準で登録されているフィルタは、消費税の種類(内税・外税)が混在しています。これは、最初に頂いたお客様のショッピングカートの注文メール形式に合わせてフィルタを生成している為です。フィルタの金額欄は、インポート後、必ず確認して下さい。

※ドットコム通販Lightでは、以下のフィルタは、利用出来ません。

  • Amazon
  • Yahoo!
  • 楽天

 

「変更」ボタン

このボタンをクリックすると「フィルタの定義」画面が表示されます。
フィルタ内容を変更する場合に使用します。

 

フィルタの選択の操作

メール設定(R)-「フィルタの選択」をクリックするとこの画面が表示されます。

 

インポート

予めドットコム通販Lightに標準で組み込んであるフィルタを取り込むには、「インポート」ボタンをクリックします。

フィルタのインポート」画面が表示されますので選択してインポートします。
※インポートされたフィルタは、既に登録されているフィルタに上書きします。

 

変更

インポートまたは、登録してあるフィルタ内容を変更する場合、「変更」ボタンをクリックします。

フィルタの定義」画面が表示されますのでフィルタ内容を変更します。

 

操作終了

操作が終了したら「閉じる」ボタンをクリックして画面を閉じます。

 

ドットコム通販は、受注管理|通信販売サポートする受注管理ソフト(通販ソフト)です。

ドットコム通販で利用するフィルタの一覧を表示します。

ドットコム通販Lightの場合は、こちらの「フィルタの選択」を参照して下さい。

 

フィルタの選択とは

ドットコム通販で使用するフィルタの一覧を表示します。フィルタは、予めドットコム通販に標準で登録されています。利用する場合は、登録されているフィルタの中から選択してインポートします。

インポートしたフィルタは、標準的な仕様で定義してありますのでそのまま利用出来ます。仕様にない項目や形式が異なる項目がある場合は、追加・変更します。追加変更は、別画面「フィルタの定義」で行います。

Amazon|Yahoo!|楽天のフィルタも標準で組み込んでいますのでインポートして利用出来ます。また、フィルタを一から生成出来る様に予備フィルタを5つ用意しています。こちらもインポートして使用出来ます。

※Amazon|Yahoo!|楽天のフィルタは、以下のグレードのみの機能です。

  • ドットコム通販LAN
  • ドットコム通販PRO

※Amazon|Yahoo!のフィルタは、他のフィルタと異なりますので「フィルタの定義」画面は、それぞれ別々になっています。

※Amazon|Yahoo!のフィルタをインポートすると「注文一覧」画面にAmazon|Yahoo!の注文データを取り込む処理画面を表示する為のボタンが表示されます。

※Amazon|Yahoo!のフィルタのどれか1つをインポートした場合は、インポートしたフィルタのボタンのみが「注文一覧」画面に表示されます。

※楽天の注文データは、直接取り込めますので一般的なフィルタと同じ扱いになります。

 

画面項目の説明

メール設定(R)-「フィルタの選択」をクリックするとこの画面が表示されます。

 

一覧画面

使用するフィルタの一覧が表示されます。必要のないフィルタは、削除します。他に使用するフィルタがあればインポート(追加)します。項目には、以下のものがあります。

  • 標準
  • フィルタ名
  • アカウント名
  • 注文メール件名
  • 使用
  • 「変更」ボタン
  • 「削除」ボタン

 

標準

フィルタの定義」で「このフィルタを標準にする」にチェックを付けたフィルタに「標準」と表示されます。

 

フィルタ名

フィルタの定義」の「フィルタ名」の内容が表示されます。

※フィルタ名の初期値は、ショッピングカート名です。

 

アカウント名

フィルタの定義」の「アカウント」の内容が表示されます。
インポート時は、何もセットされていません。

 

注文メール件名

フィルタの定義」の「注文メール件名」の内容が表示されます。
インポート時は、何もセットされていません。

 

使用

フィルタの定義」の「このフィルタを使用する」の内容が表示されます。
インポート時は、チェックが付いた状態です。

 

「変更」ボタン

このボタンをクリックすると「フィルタの定義」画面が表示されます。
フィルタ内容を変更する場合に使用します。

「フィルタの定義」画面は、3種類あります。どの画面を表示するかは、自動的に行います。

 

「削除」ボタン

このボタンをクリックすると、その行のフィルタを削除します。必要のないフィルタを削除します。後から必要になればインポート出来ます。

このボタンをクリックすると確認画面が表示されますので「はい」をクリックします。

 

「インポート」ボタン

このボタンをクリックすると、ドットコム通販に標準で登録されているフィルタの一覧画面(「フィルタのインポート」画面)が表示されます。利用するフィルタを選択してインポート出来ます。

※ドットコム通販に標準で登録されているフィルタは、消費税の種類(内税・外税)が混在しています。これは、最初に頂いたお客様のショッピングカートの注文メール形式に合わせてフィルタを生成している為です。フィルタの金額欄は、インポート後、必ず確認して下さい。

 

フィルタの選択の操作

メール設定(R)-「フィルタの選択」をクリックするとこの画面が表示されます。

 

インポート

予めドットコム通販に標準で組み込んであるフィルタを取り込むには、「インポート」ボタンをクリックします。

フィルタのインポート」画面が表示されますので選択してインポートします。インポートされたフィルタは、一覧画面に表示されます。

 

変更

インポートまたは、登録してあるフィルタ内容を変更する場合、そのフィルタ行の「変更」ボタンをクリックします。

フィルタの定義」画面が表示されますのでフィルタ内容を変更します。

※Amazon|Yahoo!のフィルタは、他のフィルタと異なりますので「フィルタの定義」画面は、それぞれ別々になっています。「変更」ボタンをクリックするとそれぞれの定義画面が表示されます。

 

削除

インポートまたは、登録してあるフィルタ内容を削除する場合、そのフィルタ行の「削除」ボタンをクリックします。

確認画面が表示されますので「はい(Y)」ボタンをクリックします。

再度、確認画面が表示されますので「はい(Y)」ボタンをクリックします。

削除されたことを示すメッセージが表示されますので「OK」ボタンをクリックします。

画面からは、削除内容が消えます。

 

操作終了

操作が終了したら「閉じる」ボタンをクリックして画面を閉じます。

 

ドットコム通販は、受注管理|通信販売サポートする受注管理ソフト(通販ソフト)です。

ドットコム通販で生成したメールを直ぐに送信しない(未送信メール)場合、そのメールを何処に保存(格納)するかを登録します。

 

未送信メールの格納場所登録とは

生成したメールを直ぐに送信しない場合、そのメールを何処に保存するかを登録します。
この時のメールをドットコム通販では、「未送信メール」と呼びます。

未送信メールの保存場所(以下、格納場所)は、アカウント毎に登録出来ます。
格納された未送信メールは、データ管理(D)-「注文メール管理」で確認出来ます。

未送信メールの格納場所が登録されていない場合でも未送信メールは、そのアカウントの「未送信トレイ」に格納されます。

※未送信メールが運用上存在する場合は、必ず「メールトレイの登録」で「未送信トレイ」の「使用する」にチェックを付けて登録しておきます。チェックが外れているとデータ管理(D)-「注文メール管理」画面に表示されませんので確認出来なくなります。

ドットコム通販で扱える送信メールは、以下の通りです。これらのメールに対して未送信がある場合を想定しています。

  • 注文確認メール
  • 入金確認メール
  • 発送確認メール
  • 一括送信メール
  • 督促メール
  • 一般メール

未送信メールの格納場所は、以下の通りです。

  • 未送信トレイ
  • 「メールフォルダの登録」で登録したフォルダに格納

■未送信トレイ

未送信メールの格納場所を登録しなかったり「未送信トレイ」を指定した場合に未送信メールの格納場所になります。

■「メールフォルダの登録」で登録したフォルダに格納

未送信メールを指定したフォルダに格納する場合の場所です。

「未送信トレイ」を使用するにして登録した場合、「メールフォルダの登録」で「未送信トレイ」のフォルダの「使用する」にチェックを付けて登録したフォルダに格納出来ます。
どのフォルダに格納かは、選択出来ます。

※アカウントについては、「アカウントの登録」を参照して下さい。
※トレイ名については、「メールトレイの登録」を参照して下さい。
※メールフォルダについては、「メールフォルダの登録」を参照して下さい。

 

画面項目の説明

メール設定(R)-「未送信メールの格納場所登録」をクリックするとこの画面が表示されます。

 

アカウント

アカウント定義」で「使用する」にチェックを付けて登録してたアカウントが選択出来ます。

選択するとドットコム通販に予め登録してある未送信メールの格納場所が表示されます。
初めての場合は、全て「未送信トレイに格納」が初期値として表示されます。

 

未送信メール格納場所

未送信メールには、以下のものがあります。これら毎に格納場所を指定します。

  • 注文確認メール
  • 入金確認メール
  • 発送確認メール
  • 一括送信メール
  • 督促メール
  • 一般メール

それぞれのメールに対して「未送信トレイ」か「未送信トレイ内のフォルダ」のどちらの場所に格納するかを指定します。次のどちらかを選択します。

  • 未送信トレイに格納
  • 次のフォルダに格納

 

未送信トレイに格納

未送信メールは、「未送信トレイ」に格納されます(初期値)。
「未送信トレイ」は、「メールトレイの登録」で「使用する」にチェックを付けておく必要があります。チェックが付いていない場合、このトレイは、データ管理(D)-「注文メール管理」画面に表示されません。

 

次のフォルダに格納

「次のフォルダに格納」のラジオボタンをクリックするとフォルダが選択可能になります。
例えば、注文確認メールの場合、既に登録されている「注文確認メール」を選択します。

未送信メールの内容は、「メールフォルダの登録」で「未送信トレイ」を指定。そこで登録したフォルダ名が選択可能になります。

 

未送信メールの格納場所登録操作

メール設定(R)-「未送信メールの格納場所登録」をクリックするとこの画面が表示されます。

 

登録

アカウントを選択します。「アカウント定義」で「使用する」にチェックを付けて登録してたアカウントが選択出来ます。

選択するとドットコム通販に予め登録してある未送信メールの格納場所が表示されます。
初めての場合は、全て「未送信トレイに格納」が初期値として表示されます。

未送信メールをどの場所に格納するかを指定します。
例えば、注文確認メールを「未送信トレイ」ではなく指定フォルダに格納する場合、既に登録されている「注文確認メール」を選択します。

この操作を以下の未送信メールに対して行います。

  • 注文確認メール
  • 入金確認メール
  • 発送確認メール
  • 一括送信メール
  • 督促メール
  • 一般メール

設定後は、「登録」ボタンをクリックします。

メッセージが表示されますので「OK」ボタンをクリック。

 

操作終了

操作が終了したら「閉じる」ボタンをクリックして画面を閉じます。

 

ドットコム通販は、受注管理|通信販売サポートする受注管理ソフト(通販ソフト)です。

ドットコム通販で使用するフィルタの使用項目を設定します。

 

フィルタの使用項目定義とは

ドットコム通販で使用するフィルタの使用項目を設定します。

フィルタとは、注文メールを受信して注文メール内の項目を取り出す為に定義したものです。フィルタの使用項目は、ドットコム通販で予め用意されています。用意された項目の中から注文メールにある取り込む項目名称を指定します。

フィルタの項目は、10のグループに分類されています。カッコ内の数字は、その分類内にある項目数です。

  • 基本(27)
  • 注文主(31)
  • お届け先(21)
  • 配送(13)
  • 商品明細(11)
  • 商品合計(10)
  • 注文オプション(10)
  • 注文主オプション(10)
  • 商品オプション(10)
  • その他注文(20)

ここで指定登録した項目のみが「フィルタの定義」画面に表示されます。
例えば、「注文主」の場合は、以下の様になります。

※フィルタで扱う全ての項目は、ドットコム通販で扱える様になっています。注文メールにこれらの項目以外の項目がある場合は、取り込むことが出来ません。しかし、工夫すれば取り込めることがほとんどです。

 

画面項目の説明

メール設定(R)-「フィルタの使用項目定義」をクリックするとこの画面が表示されます。

 

項目切り換えボタン

フィルタの項目は、10のグループに分類されています。グループ分けされた項目は、項目切り換えボタンで切り換えます。

 

基本

注文メール内の注文番号や支払方法などの「基本」情報項目を定義します。汎用項目が8つ用意してありますのでフィルタ項目以外の項目を取り込む場合に利用出来ます。

 

注文主

注文メール内の「注文主」情報項目を定義します。

 

お届け先

注文メール内の「お届け先」情報項目を定義します。

 

配送

注文メール内の商品の「配送」情報項目を定義します。

 

商品明細

注文メール内の「商品明細」情報項目を定義します。

 

商品合計

注文メール内の「商品合計」情報項目を定義します。

 

注文オプション

注文メール内の「注文オプション」情報項目を定義します。

「注文オプション」とは、ドットコム通販が用意した「基本」フィルタ項目以外の注文情報が注文メール内にある場合に利用します。取り込まれた情報は、「注文詳細」-「その他の注文情報」画面の「オプション」で確認出来ます。

※利用出来る「注文オプション」の数は、メンテナンス(M)-「項目名称の登録」画面の「注文オプション」-「項目数」で指定した数だけです。(フィルタ選択は、「混合」以外で表示)

 

注文主オプション

注文メール内の「注文主オプション」情報項目を定義します。

「注文主オプション」とは、ドットコム通販が用意した「注文主」フィルタ項目以外の「注文主」情報が注文メール内にある場合に利用します。取り込まれた情報は、以下のプログラムの「オプション」で確認出来ます。

 

※利用出来る「注文主オプション」の数は、メンテナンス(M)-「項目名称の登録」画面の「注文主オプション」-「項目数」で指定した数だけです。(フィルタ選択は、「混合」で表示)

 

商品オプション

注文メール内の「商品オプション」情報項目を定義します。

「商品オプション」とは、注文メール内の「商品明細」情報項目以外で商品として取り込む場合に設けてあります。「フィルタ定義」-「商品オプション設定」で取込方法を設定します。取り込んだ内容は、1つの商品として表現されます。

 

その他注文

注文メール内の「その他注文」情報項目を定義します。

「その他注文」とは、以下の情報を取り込む為に用意してあります。取り込まれた情報は、「注文詳細」-「その他の注文情報」画面で確認出来ます。

  • のし
  • ラッピング
  • メッセージカード
  • 領収書
  • 贈答用備考

 

 

使用する

フィルタ項目として使用する場合は、チェックを付けます。
チェックを付けたフィルタ項目のみが「フィルタ定義」画面に表示されます。

注文メールにある項目で取り込む場合は、必ずチェックを付けます。

 

使用区分

表示されている画面の項目全てにチェックを付けたり外したりする場合にクリックします。
以下の種類があります。

  • 全指定
  • 全クリア

 

「全指定」ボタン

表示されている画面項目全てにチェックを付ける場合にクリックします。

 

「全クリア」ボタン

表示されている画面項目全のチェックを外す場合にクリックします。

 

フィルタの使用項目定義の操作

メール設定(R)-「フィルタの使用項目定義」をクリックするとこの画面が表示されます。

 

登録

フィルタ項目として使用する場合、「使用する」にチェックを付けます。また、必要なくなった項目は、チェックを外します。

画面に表示されていない項目を設定する場合は、項目切り換えボタンで切り換えて表示させます。

設定が終了したら「登録」ボタンをクリックして登録します。

メッセージが表示されますので「OK」ボタンをクリックします。

 

操作終了

操作が終了したら「閉じる」ボタンをクリックして画面を閉じます。

 

ドットコム通販は、受注管理|通信販売サポートする受注管理ソフト(通販ソフト)です。

ドットコム通販で使用する一般メールのテンプレート登録を行います。

追加

変更

 

一般メールのテンプレート登録とは

一般メール用テンプレート(以下、テンプレート)は、一般メールを編集する際に使用する文章で予め登録しておきます。登録した内容は、一般メール編集時に選択して利用します。

テンプレートを必ず登録しなければならないということはありません。
一般メールのテンプレートは、「名称」項目で管理しています。

 

画面項目の説明

「【一般メール用】テンプレートの登録」画面で「追加」または、「変更」ボタンをクリックするとこの画面が表示されます。

以降、「追加」ボタンにより表示された場合を「追加モード」、「変更」ボタンの場合は、「変更モード」と表現します。

 

名称

名称を入力します。同一名称を指定することは出来ません。

 

件名

件名を入力します。一般メールの件名(初期値)になります。

「追加」モードと「変更」モードで注意が必要です。

 

「追加」モード

既に登録されている名称内容を入力することは出来ません。同じ内容を入力するとエラーメッセージが表示されます。

 

「変更」モード

名称を登録されていない名称に変更して「登録」ボタンをクリックすると確認メッセージが表示されます。

「はい(Y)」をクリックすると名称が異なるだけで同じ内容(テンプレート)のデータが登録されます。

テンプレートの文面が同じような場合、コピーして利用する感覚で使用出来ます。

 

使用する

登録したテンプレートを使用する場合にチェックを付けます。

 

テンプレート

テンプレートを入力します。

 

署名挿入

をクリックして登録してある署名を選択します。
選択内容がテンプレートの最後尾にセットされます。

 

※署名については、「署名の登録」を参照して下さい。

 

 

一般メールのテンプレート登録の操作

「【一般メール用】テンプレートの登録」画面でのボタン操作により以下の様な処理がなされます。

  • 「追加」ボタン ・・・・ 新規追加
  • 「変更」ボタン ・・・・ 変更

 

新規追加

「【一般メール用】テンプレートの登録」画面で「追加」ボタンをクリックするとこの画面が表示されます。

以下の項目を入力しますs。

  • 名称
  • 件名
  • 使用する
  • テンプレート

「登録」ボタンをクリックします。

登録されたことを示すメッセージが表示されますので「OK」ボタンをクリックします。

登録内容が新規追加されました。

 

変更

「【一般メール用】テンプレートの登録」画面で「変更」ボタンをクリックするとこの画面が表示されます。テンプレートの内容を変更して「登録」ボタンをクリックします。

登録されたことを示すメッセージが表示されますので「OK」ボタンをクリックします。

「名称」項目の内容をまだ登録されていない内容に変更して「登録」ボタンをクリックすると確認メッセージが表示されますので「はい(Y)」をクリックします。

画面内容で新規追加されます。

 

操作終了

操作が終了したら「閉じる」ボタンをクリックして画面を閉じます。

 

ドットコム通販は、受注管理|通信販売サポートする受注管理ソフト(通販ソフト)です。

ドットコム通販で使用する一般メール用テンプレートの登録内容を一覧形式で表示します。

 

一般メール用テンプレートの登録とは

一般メール用テンプレート(以下、テンプレート)は、一般メールを編集する際に使用する文章で予め登録しておきます。登録した内容は、一般メール編集時に選択して利用します。

テンプレートとは、文章の雛形のことです。一般メール編集時に送信する内容に合わせて変更します。

このプログラムを起動すると登録されたテンプレートの一覧が表示されます。

追加、変更は、別画面「一般メールのテンプレート登録」で行います。登録されている内容は、削除することが出来ます。

テンプレートは、「E-mail」項目をダブルクリックしたりメール管理(D)-「注文メール管理」の「新規」ボタンをクリックして表示される「新規メール」画面で利用します。

「E-mail」項目をダブルクリック

「新規」ボタンをクリック

登録したテンプレートは、「新規メール」画面の「テンプレート挿入」項目で利用します。

 

画面項目の説明

メール設定(R)-「一般メール用テンプレートの登録」をクリックするとこの画面が表示されます。

 

一覧画面

登録されている内容が一覧表示されます。

 

一行に表示される内容は、以下の項目です。

  • 名称
  • 件名
  • 使用する
  • 変更ボタン
  • 削除ボタン

任意の行をダブルクリックするとその行の「一般メールのテンプレート登録」画面が表示されます(「変更」ボタンクリックと同じ動作)。

※一般メールのテンプレートは、「名称」項目で管理しています。同一名称の登録は出来ません。

 

テンプレート

一覧表示されている任意の行をクリックするとその行に対応するテンプレートが表示されます。

 

プログラム起動時に表示されるテンプレートは、一覧表示されている先頭行の内容です。
一覧表示されている内容をクリックするとそのテンプレートが表示されます。

 

「変更」ボタン

プログラム起動時、登録されているデータと共に「変更」ボタンも表示されます。

登録されているテンプレートを変更するには、変更したい行の「変更」ボタンをクリックして「一般メールのテンプレート登録」画面を表示させて行います。

 

「削除」ボタン

プログラム起動時、登録されているデータと共に「削除」ボタンも表示されます。

登録されているテンプレートを削除するには、削除したい行の「削除」ボタンクをリックします。確認メッセージが表示されますので「はい」をクリックします。一覧からその行が消えます。

※削除をすると一般メール編集時に選択出来なくなりますので注意します。

 

「追加」ボタン

新たにテンプレートを登録するには、このボタンをクリックして「一般メールのテンプレート登録」画面を表示させて行います。

 

一般メール用テンプレートの登録の操作

メール設定(R)-「一般メール用テンプレートの登録」をクリックするとこの画面が表示されます。

 

新規追加

新たにテンプレートを登録するには、「追加」ボタンをクリックします。
一般メールのテンプレート登録」画面が表示されますのでそこで登録します。

 

変更

テンプレートの内容を変更するには、変更したい行の「変更」ボタンをクリックします。
一般メールのテンプレート登録」画面が表示されますのでそこで変更します。

 

削除

登録してあるテンプレートを削除するには、削除したい行の「削除」ボタンをクリックします。

確認メッセージが表示されますので「はい(Y)」をクリックします。

削除されたことを示すメッセージが表示されますので「OK」ボタンをクリック。

一覧画面からは、削除された内容が消えます。

 

操作終了

操作を終了したら「閉じる」ボタンをクリックして画面を閉じます。

 

ドットコム通販は、受注管理|通信販売サポートする受注管理ソフト(通販ソフト)です。

ドットコム通販で使用する督促メールのテンプレート登録を行います。

追加

変更

 

督促メールのテンプレート登録とは

督促メール用テンプレート(以下、テンプレート)は、督促メールを編集する際に使用する文章で予め登録しておきます。登録した内容は、督促メール編集時に選択して利用します。

テンプレートを必ず登録しなければならないということはありません。
督促メールのテンプレートは、以下の項目で管理しています。

  • 督促回数
  • パターン名

 

画面項目の説明

「【督促メール用】テンプレートの登録」画面で「追加」または、「変更」ボタンをクリックするとこの画面が表示されます。

以降、「追加」ボタンにより表示された場合を「追加モード」、「変更」ボタンの場合は、「変更モード」と表現します。

 

督促回数

督促回数が表示されます。表示のみです。

 

使用する

登録したテンプレートを使用する場合にチェックを付けます。

 

パターン名

パターン名を入力します。同一パターン名を入力することは出来ません。
「督促メール設定」画面の「パターン名」項目での選択名称になります。

 

督促用件名

督促用件名を入力します。督促メールの件名(初期値)になります。

「追加」モードと「変更」モードで注意が必要です。

 

「追加」モード

既に登録されている名称内容を入力することは出来ません。同じ内容を入力するとエラーメッセージが表示されます。

 

「変更」モード

名称を登録されていない名称に変更して「登録」ボタンをクリックすると確認メッセージが表示されます。

「はい(Y)」をクリックすると名称が異なるだけで同じ内容(テンプレート)のデータが登録されます。

テンプレートの文面が同じような場合、コピーして利用する感覚で使用出来ます。

 

テンプレート

テンプレートを入力します。文章の中に組込変数を入力して汎用的にすることも出来ます。

※組込変数については、「共通機能」-「組込変数」を参照して下さい。

 

署名挿入

 をクリックして登録してある署名を選択します。
選択内容がテンプレートの最後尾にセットされます。

※署名については、「署名の登録」を参照して下さい。

 

組込変数一覧

組込変数を切り替えるボタンに対応した内容が一覧表示されます。

ボタンは、以下のものが用意されています。

  • 基本
  • 注文主
  • お届け先
  • 配送
  • 商品明細
  • 商品合計

表示される組込変数と内容は、「ヘッダーフッターで使用する組込変数の定義」画面で「使用する」にチェックを付けて登録した項目です。

基本

注文主

お届け先

配送

商品明細

商品合計

 

「組み込み」ボタン

「組み込み」ボタンをクリックすると組込変数一覧で指定した項目の組込変数を文章のカーソル位置にセットします。

組込変数一覧での指定方法は、組み込みたい組込変数または、内容をクリックするだけ。

※組込変数については、「共通機能」-「組込変数」を参照下さい。

 

督促メールのテンプレート登録の操作

「【督促メール用】テンプレートの登録」画面でのボタン操作により以下の様な処理がなされます。

  • 「追加」ボタン ・・・・ 新規追加
  • 「変更」ボタン ・・・・ 変更

 

新規追加

「【督促メール用】テンプレートの登録」画面で「追加」ボタンをクリックするとこの画面が表示されます。

以下の項目を入力しますs。

  • 使用する
  • パターン名
  • 督促用件名
  • テンプレート

「登録」ボタンをクリックします。

登録されたことを示すメッセージが表示されますので「OK」ボタンをクリックします。

登録内容が新規追加されました。

 

変更

「【督促メール用】テンプレートの登録」画面で「変更」ボタンをクリックするとこの画面が表示されます。テンプレートの内容を変更して「登録」ボタンをクリックします。

登録されたことを示すメッセージが表示されますので「OK」ボタンをクリックします。

「名称」項目の内容をまだ登録されていない内容に変更して「登録」ボタンをクリックすると確認メッセージが表示されますので「はい(Y)」をクリックします。

画面内容で新規追加されます。

 

操作終了

操作が終了したら「閉じる」ボタンをクリックして画面を閉じます。

 

ドットコム通販は、受注管理|通信販売サポートする受注管理ソフト(通販ソフト)です。

ドットコム通販で使用する督促メール用テンプレートの登録内容を一覧形式で表示します。

 

督促メール用テンプレートの登録とは

督促メール用テンプレート(以下、テンプレート)は、督促メールを編集する際に使用する文章で予め登録しておきます。登録した内容は、督促メール編集時に選択して利用します。

テンプレートとは、文章の雛形のことです。督促メール編集時に送信する内容に合わせて変更します。

このプログラムを起動すると登録されたテンプレートの一覧が表示されます。

追加、変更は、別画面「督促メールのテンプレート登録」で行います。登録されている内容は、削除することが出来ます。

テンプレートは、督促回数毎に登録します。督促回数は、最初1から始まります。

※督促が発生するのは、「代金後払い」の時のみです。

メンテナンス(M)-「環境設定」-「基本」で設定します。

※「代金後払い」の設定にすると「未入金一覧」画面が督促専用画面になります。

「督促メール」ボタンが表示されますのでこのボタンをクリックして「督促メール設定」画面で登録したテンプレートを選択します。

 

画面項目の説明

メール設定(R)-「督促用テンプレートの登録」をクリックすると督促回数1のこの画面が表示されます。

 

督促回数

テンプレートは、督促回数毎に登録します。督促回数は、最初1から始まります。

督促回数は、直接数値を入力出来ます。
ボタンをクリックすることにより督促回数を1ずつ増減出来ます。

 

一覧画面

登録されている内容が一覧表示されます。

 

一行に表示される内容は、以下の項目です。

  • パターン名
  • 督促件名
  • 使用する
  • 変更ボタン
  • 削除ボタン

任意の行をダブルクリックするとその行の「督促メールのテンプレート登録」画面が表示されます(「変更」ボタンクリックと同じ動作)。

※督促メールのテンプレートは、次の項目で管理しています。

  • 督促回数
  • パターン名

 

テンプレート

一覧表示されている任意の行をクリックするとその行に対応するテンプレートが表示されます。

プログラム起動時に表示されるテンプレートは、一覧表示されている先頭行の内容です。
一覧表示されている内容をクリックするとその督促のテンプレートが表示されます。

 

「変更」ボタン

プログラム起動時、督促回数1で登録されているデータと共に「変更」ボタンも表示されます。

登録されているテンプレートを変更するには、変更したい行の「変更」ボタンをクリックして「督促メールのテンプレート登録」画面を表示させて行います。

 

「削除」ボタン

プログラム起動時、督促回数1で登録されているデータと共に「削除」ボタンも表示されます。

登録されているテンプレートを削除するには、削除したい行の「削除」ボタンクをリックします。確認メッセージが表示されますので「はい」をクリックします。一覧からその行が消えます。

※削除をすると督促メール編集時に選択出来なくなりますので注意します。

 

「追加」ボタン

新たにテンプレートを登録するには、このボタンをクリックして「督促メールのテンプレート登録」画面を表示させて行います。

※「督促メールのテンプレート登録」については、別ヘルプを参照して下さい。

 

督促メール用テンプレートの登録の操作

メール設定(R)-「督促用テンプレートの登録」をクリックすると督促回数1のこの画面が表示されます。

 

新規追加

新たにテンプレートを登録するには、「追加」ボタンをクリックします。
督促メールのテンプレート登録」画面が表示されますのでそこで登録します。

 

変更

テンプレートの内容を変更するには、変更したい行の「変更」ボタンをクリックします。
督促メールのテンプレート登録」画面が表示されますのでそこで変更します。

 

削除

登録してあるテンプレートを削除するには、削除したい行の「削除」ボタンをクリックします。

確認メッセージが表示されますので「はい(Y)」をクリックします。

削除されたことを示すメッセージが表示されますので「OK」ボタンをクリック。

一覧画面からは、削除された内容が消えます。

 

操作終了

操作が終了したら「閉じる」ボタンをクリックして画面を閉じます。

 

Top