コンテンツへスキップ

注文詳細画面の項目説明

ドットコム通販は、受注管理|通信販売サポートする受注管理ソフト(通販ソフト)です。

ドットコム通販で受注管理を行う注文詳細画面の項目とボタン機能の説明をします。

目次

注文詳細画面とは

注文詳細画面には、以下の3つがあります。

  • 新規注文登録
  • 注文詳細
  • 注文内容

これら3つのプログラムの画面項目とボタン機能を説明します。
これらのプログラム画面は、共通ですが形態が異なります。
これらのプログラムの画面項目とボタン機能について別々に説明します。

 

新規注文登録

受けた注文を手入力して登録する画面です。項目入力がメインの画面です。
入力した内容を登録するまでボタンは、最小限しか表示されていません。

 

注文詳細

登録した注文に対して受注管理を行う画面です。内容の変更・追加が可能です。
受注管理を行う為の画面ですから全機能が利用出来ます。

※グレードにより使用出来るボタンが制限されます。

 

注文内容

受けた注文内容と現状を表示するだけの画面です。
内容の変更・追加は、出来ません。表示のみです。

 

画面項目の説明

画面項目には、注文主情報やお届け先、注文内容だけでなく受注管理に必要な進捗状況やコメント類などがあります。

項目グループは、以下の通りです。

  • 先頭注文情報
  • お客様情報(お届け先含む)
  • 配送情報
  • 入金・返金情報
  • その他情報
  • 商品明細情報
  • 商品合計情報
  • 進捗状況情報
  • コメント情報
  • 同梱・分割情報

 

タイトル欄

タイトル欄には、以下の内容が表示されます。

  • 画面名称(処理名)
  • 受注№
  • 注文主氏名(お客様名)
  • 督促メッセージ

※督促経験者の場合は、タイトル欄にメッセージを表示します。

 

先頭注文情報

先頭注文情報には、以下の3つの項目があります。

  • 注文番号
  • 注文日
  • 支払方法

 

注文番号

注文番号はショップ独自に付けられるの番号です。
注文メール内にあれば取り込み可能です。無い場合は、自動的に受注№がセットされます。

※受注№は、受注管理をする為のドットコム通販独自の番号です。同一番号は、ありません。

 

注文日

注文メール内にあれば取り込み可能です。無い場合は、注文メールを取り込んだ時のパソコン日付がセットされます。

新規注文登録時、入力されていなければ「登録」ボタンがクリックされた時のパソコン日付がセットされます。

日付は、西暦で入力します。変更可能です。

※代金支払い形態を「代金先払い」で運用している場合、「注文日」を入力すると「入金・返金」画面の「初回支払期限日」が自動的に計算されます。この場合の「初回支払期限日」によって商品注文後、何日までに入金してもらうかを管理出来ます。
「初回支払期限日」を「注文日」から何日にするかは、「環境設定」-「詳細」画面の以下の項目内容が使用されます。

  • 督促猶予期間日数の指定

代金支払い形態については、「共通機能」-「代金支払形態」を参照して下さい。

 

支払方法

注文代金の支払方法です。
注文メール内にあれば取り込み可能です。新規注文登録時は、「標準」として登録した支払方法が自動的に表示されます。

※支払方法は、「支払方法の登録」で「使用する」にチェックを付けた内容が選択可能です。
詳しくは、「共通機能」-「選択項目について」を参照して下さい。

 

お客様情報(お届け先含む)

注文主情報を入力します。
注文メール等から取り込んだ場合は、フィルタ設定した項目にのみが表示されます。

入力画面は以下の通りです。

 

注文主

注文主は、電話番号で管理しています。

新規登録時は、注文主の情報を手入力します。

 

電話番号

注文主の電話番号を入力します。
入力した電話番号が既に登録されていればその注文主の内容を表示します。表示された内容と今回の注文主情報とが異なる場合には、変更します。

 

枝番

電話番号欄の右横にあるのは、枝番です。
枝番は、同一電話番号で注文主のお名前が異なる場合(家族など)、この枝番を変更することによって注文主を別人として管理できます。枝番は、0~9までの10人分管理できます。

枝番のドロップダウンボタンをクリックすると、電話番号に対する枝番状況の一覧が表示されますので該当者があればクリックして選択することも出来ます。

 

お名前

注文主の氏名を入力します。
会社からの注文の場合は、会社名を入力します。

 

ふりがな

注文主の読み仮名を入力します。

 

部署名

注文主の部署名を入力します。
会社からの注文にも対応しています。

 

担当者名

注文主担当者の氏名を入力します。
会社からの注文にも対応しています。

 

担当者かな

注文主担当者の読み仮名を入力します。

 

注文主住所の郵便番号を入力します。
入力するとその郵便番号に対応した住所(都道府県と住所)を郵便番号辞書から取り出して表示します。

郵便番号入力

郵便番号辞書から取り出して表示

既に住所がセットされてる場合、住所変更などで新住所の郵便番号を入力することがあります。そうすると、メッセージが表示されますので「はい(Y)」をクリックして住所を変更します。

注文主の住所が変わったなどして住所が宛所不明の状態になることがあります。
宛所不明の登録をすると〒の左横に印が付きます。

登録は、以下の2つのプログラムで行えます。

これらの「全般」画面で以下の項目にチェックを付けて登録します。

 

都道府県

注文主住所の都道府県を入力します。

 

住所

注文主住所の都道府県を除いた住所で番地まで入力します。
アパート名やビル名などは、入力しません。

 

建物・室番

注文主のアパート名やビル名、室番やビル階数などを入力します。

 

E-mail

注文主のメールアドレスを入力します。
このメールアドレスが無い場合は、注文主に確認メールなどのメールを送ることは出来ません。

このメールアドレスをダブルクリックすると「新規メール」画面が表示されメール送信出来ます。
宛先不明のメールアドレスの場合は、メッセージが表示されますので「OK」ボタンをクリックして閉じます。

※注文主のメールアドレスが変わったなどして宛所不明の状態になることがあります。
宛所不明の登録をすると、 E-mail の左横に印が付きます。

登録は、以下の2つのプログラムで行えます。

これらの「全般」画面で以下の項目にチェックを付けて登録します。

 

携帯電話番号

注文主の携帯電話番号を入力します。

 

「注文主情報」ボタン

このボタンをクリックすると「注文主(お客様)情報」画面が表示されます。

詳しくは、ボタン機能の「注文主情報」を参照して下さい。

 

お届け先

お届け先情報を入力します。
注文主情報とお届け先が異なる場合にのみ入力します。

※注文メール等から取り込む場合は、設定により注文主情報と同じ場合でも取り込むことが出来ます。

 

電話番号

お届け先の電話番号を入力します。
入力した電話番号が既に登録されていればそのお届け先の内容を表示します。表示された内容と今回のお届け先情報とが異なる場合は、変更します。

電話番号のドロップダウンボタンをクリックすると、その注文主が今までお届け先としたお届け先氏名の一覧が表示されますので該当者があればクリックして選択することが出来ます。

 

お名前

お届け先の氏名を入力します。
会社へのお届けの場合は、会社名を入力します。

 

ふりがな

お届け先の読み仮名を入力します。

 

部署名

お届け先の部署名を入力します。
会社へのお届けにも対応しています。

 

担当者名

お届け先担当者の氏名を入力します。
会社へのお届けにも対応しています。

 

担当者かな

お届け先担当者の読み仮名を入力します。

 

お届け先住所の郵便番号を入力します。
入力するとその郵便番号に対応した住所(都道府県と住所)を郵便番号辞書から取り出して表示します。

※詳しくは、「注文主郵便番号」を参照して下さい。宛所不明の機能は、ありません。

 

都道府県

お届け先住所の都道府県を入力します。

 

住所

お届け先住所の都道府県を除いた住所を番地までを入力します。
アパート名やビル名などは、入力しません。

 

建物・室番

お届け先のアパート名やビル名、室番やビル階数などを入力します。

 

配送情報

注文商品の発送情報を入力します。

※ここで入力した内容は、送り状印刷時に反映されます。また、送り状印刷時に画面上で変更した内容は、ここに反映されます。

 

注文主要望

注文メールから取り込んだ注文主の要望を表示ます。
注文メールなどから「送り状印刷情報」の各項目にデータが取り込まれていない場合、この「要望内容」を元に入力します。

 

配達希望日(取込内容)

注文メールから取り込んだ内容をそのまま表示します。入力や変更は出来ません。
新規登録時に配達希望日を入力する場合は、「送り状印刷情報」-「配達希望日」に直接入力します。

 

希望時間帯(取込内容)

注文メールから取り込んだ内容をそのまま表示します。入力や変更は出来ません。
新規登録時に希望時間帯を入力する場合は、「送り状印刷情報」-「希望時間帯」に表示される時間帯の中から選択します。

 

配達困る日

商品を配達されると困る日付を入力します。注文メールからは、取り込んだ内容をそのまま表示します。

 

発送方法

商品の発送方法を入力します。
発送方法には、以下のものがあります。運用形態に合わせて使用します。

  • 宅配便
  • メール便
  • 普通郵便
  • 定形外郵便

 

送料種別

送料の支払い方法を入力します。

  • 元払い
  • 着払い

 

送り状印刷情報

送り状に印刷する情報を選択・入力します。

 

配送業者

印刷する送り状の配送業者を選択します。
注文メール内にあれば取り込み可能です。新規注文登録時は、「標準」として登録した配送業者が自動的に表示されます。

※配送業者は、「配送業者の登録」で「使用する」にチェックを付けた内容が選択可能です。
詳しくは、「共通機能」-「選択項目について」を参照して下さい。

 

送り状

印刷する送り状(配送伝票|発送伝票)を選択します。
注文メール内にあれば取り込み可能です。新規注文登録時は、「標準」として登録した送り状が自動的に表示されます。

※送り状は、「送り状の登録」で「使用する」にチェックを付けた内容が選択可能です。
詳しくは、「共通機能」-「選択項目について」を参照して下さい。

 

配達希望日

配達希望日を入力します。
注文メール内にあれば取り込み可能です。

 

希望時間帯

配達希望時間帯を選択します。注文メール内にあれば取り込み可能です。

※配達希望時間帯は、「配達希望時間帯の登録」で「使用する」にチェックを付けた内容が選択可能です。
詳しくは、「共通機能」-「選択項目について」を参照して下さい。但し、「標準機能」は、ありません。

 

品名|備考

品名、備考を入力します。

品名と備考は、予め登録しておくことにより「雛形セット」ボタンをクリックすることによりその内容をセット出来ます。詳細は、「雛形セット」ボタンを参照して下さい。

 

お問い合せ番号

お問い合せ番号を入力します。

送り状印刷」画面の「お問い合せ番号」項目に番号を入力して印刷すると自動的にセットされます。
また、「お問い合せ番号の取得」画面を使って外部から「お問い合せ番号」を取り込むことも出来ます。この画面の表示方法は、「番号取得」ボタンを参照して下さい。

 

発送予定日

発送予定日を入力します。
配達希望日を入力すると自動的に計算され表示します。
設定は、「環境設定」-「詳細」画面の下記項目にチェックを付けて日付を登録しておきます。

  • お届け希望日がある場合、自動的に発送予定日を計算する

 

「雛形セット」ボタン

詳しくは、「ボタン機能」-「雛形セット」を参照して下さい。

 

「番号取得」ボタン

詳しくは、「ボタン機能」-「番号取得」を参照して下さい。

 

商品発送

発送日を入力します。

 

発送日

商品を発送した日付を入力します。日付は、西暦で入力します。変更可能です。

※「送り状印刷」画面や「タックシールの印刷」画面で指定した「発送日」をここに反映させることも出来ます。

※代金支払い形態を「代金後払い」で運用している場合、「発送日」を入力すると「入金・返金」画面の「初回支払期限日」が自動的に計算されます。この場合の「初回支払期限日」によって商品発送後、何日までに入金してもらうかを管理出来ます。
「初回支払期限日」を「発送日」から何日にするかは、「環境設定」-「詳細」画面の以下の項目内容が使用されます。

  • 督促猶予期間日数の指定

代金支払い形態については、「共通機能」-「代金支払形態」を参照して下さい。

 

入金・返金情報

受注管理の運用で起こりうる作業の日付や金額を管理する画面です。
以下のものがあります。

  • 入金・返金
  • 売上
  • キャンセル・返品
  • 督促関連

 

入金・返金

入金後、返金処理をする場合に設定する項目です。

 

入金日

入金があった日付を入力します。日付は、西暦で入力します。

※進捗状況の「入金済み」をクリックすると、操作日がセットされます。変更可能です。

 

入金金額

入金金額を入力します。

※進捗状況の「入金済み」をクリックすると、請求金額がそのままセットされます。そして、「差引金額」項目が自動計算されます。変更可能です。

 

返金日

返金日を入力します。

 

返金

返金金額を入力します。

※入力すると「差引金額」項目が自動計算されます。

 

差引金額

以下の計算式結果が自動表示されます。

差引金額 = 入金金額 - 返金

入金額と返金金額が入力されると自動計算されます。

 

「返金情報クリア」ボタン

詳しくは、「ボタン機能」-「返金情報クリア」を参照して下さい。

 

売上

この注文が何時、売上となったかを入力します。

 

売上日

その注文の売上とした日付を入力します。日付は、西暦で入力します。

※進捗状況の「売上済み」をクリックすると、操作日がセットされます。変更可能です。
「売上日」を入力しても「売上済み」にはなりません。

※「売上済み」とした注文は、月度毎に売上一覧に表示されます。月度は、この売上日を元にしています。どの時点で「売上」として計上するかを決めて売上日を設定すると売り上げ管理がし易いでしょう。

(例)

  • 商品の発送をもって売上とする場合、「商品発送日」と同じ日を売上日とする
  • 入金をもって売上とする場合、「入金日」と同じ日を売上日とする
  • 全処理の完了をもって売上とする場合、進捗情報の「完了」に印を付けた日を売上日とする

 

キャンセル・返品

キャンセルや返品があった場合にその情報を入力します。

 

キャンセル日

注文のキャンセルがあった日付を入力します。日付は、西暦で入力します。

※進捗状況の「キャンセル」をクリックすると、操作日がセットされます。変更可能です。

 

返品日

注文商品の返品があった日付を入力します。日付は、西暦で入力します。

※進捗状況の「返品」をクリックして返品の種類(全返品/部分返品)をボタン選択すると、操作日がセットされます。変更可能です。

 

返品理由

返品理由を選択します。

※進捗状況の「返品」をクリックして返品の種類(全返品/部分返品)をボタン選択すると「返品理由の登録」で「標準」にした返品理由が自動的に表示されます。変更可能です。

※返品理由は、「返品理由の登録」で「使用する」にチェックを付けた内容が選択可能です。
詳しくは、「共通機能」-「選択項目について」を参照して下さい。

 

督促関連

「代金支払形態」によりこれらの項目の意味合いが異なります。

※「この注文は、回収不能」項目は、代金先払いの場合は、表示されません。

 

初回支払期限日

商品代金を何時までに支払うかの期限日です。代金支払形態により意味合いが異なります。自動計算されます。変更可能です。

詳しくは、「共通機能」-「代金支払形態」の「代金支払形態による支払い期限日の意味」を参照して下さい。

 

超過日数

初回支払期限日からこの画面を開いた日までの日数です。初回支払期限日から何日経っているかを表示します。

以下のどれかになったの場合は、ゼロになります。

  • 入金済み
  • キャンセル
  • 返品(全返品)

※超過日数が1100日(約3年)を超えた場合は、1100日を最長日数として表示します。

 

この注文は、回収不能

代金後払いの場合、商品代金の回収が出来ないと判断した時にチェックを付けます。

※「代金後払い」の場合のみ表示されます。

 

その他情報

注文情報として使用しているその他の内容を表示する画面です。
以下のものがあります。

  • 受注№・フィルタ
  • ポイント
  • 汎用情報
  • 作成日・更新日

 

受注№・フィルタ

以下の画面項目を説明します。

 

受注№

ドットコム通販が独自に発行している番号で注文データ全てに自動付加されます。
月度毎(締め日毎)に自動作成され重複することはありません。注文番号が無い注文は、この受注№が注文番号となります。

※受注№の形式は、「環境設定」-「基本」画面で登録出来ます。

 

受付日

注文メール受信時の処理日です。
手入力した注文の場合は、注文登録した時の処理日です。

 

注文方法

注文方法を選択します。
注文メール内にあれば取り込み可能です。新規注文登録時は、「標準」として登録した注文方法が自動的に表示されます。

※注文方法は、「注文方法の登録」で「使用する」にチェックを付けた内容が選択可能です。
詳しくは、「共通機能」-「選択項目について」を参照して下さい。

※注文データの生成方法により以下の様に異なります。

注文生成場所 注文方法
新規注文(手入力) 「注文方法の登録」で「標準」として登録した注文方法
注文受信
その他取込み
Amazon取込み
Yahoo!取込み
インターネット(固定)

 

フィルタ

フィルタを選択します。
新規注文登録時は、「(なし)」が自動的に表示されます。変更可能です。
注文メール等から注文を取り込んだ場合は、その時使用したフィルタが表示されます。

※フィルタは、「フィルタの定義」で「使用する」にチェックを付けた内容が選択可能です。
詳しくは、「共通機能」-「選択項目について」を参照して下さい。

 

ポイント

ポイントの取得数や使用数などを管理します。

ポイントを使用するには、「環境設定」-「注文画面|ポイント」画面の以下の項目にチェックを付けます。

  • ポイント有り (ドットコム通販でポイントを扱う場合、チェックを付けます)

また、「今回使用ポイント」を利用するには、ポイント値引き(ポイント支払い)が前提となります。このポイント値引きは、「値引き2」でのみ扱えます。

「値引き2」を利用出来る様にするには、以下のプログラムで行います。

  • 「項目名称の登録」-「値引き|手数料項目」画面の「値引き項目数」
  • 値引きの登録」-「基本」画面

※「項目名称の登録」は、グレードにより異なります。
※詳しくは、「項目名称の登録」を参照して下さい。

グレード プログラム
LAN PRO 項目名称の登録
Standard Light Tiny 項目名称の登録

 

前回までのポイント残高

前回までのポイント残高が表示されます。
入力するとその内容で他項目が再計算されます。

 

今回取得ポイント

今回取得ポイントが表示されます。
入力するとその内容で他項目が再計算されます。

 

ボーナスポイント

ボーナスポイントが表示されます。
入力するとその内容で他項目が再計算されます。

 

今回使用ポイント

今回使用ポイントが表示されます。
入力するとその内容で他項目が再計算されます。

※今回使用ポイントの上限数は、「値引きの登録」-「値引き2」画面の以下の項目にチェックを付けるかどうかで決まります。

  • 前回までのポイント残高に今回取得ポイントを加えた内容が範囲

 

チェックを付ける

チェックを付けると以下の計算結果が上限数になります。

「前回までのポイント残高」+「今回取得ポイント」

チェックを付けない

チェックを付けないと「前回までのポイント残高」が上限数です。

 

ポイント残高

ポイント残高が表示されます。変更は出来ません。

 

「全て使用」ボタン

このボタンをクリックすると、所有しているポイントから出来るだけ「請求金額」に近い「今回使用ポイント」を自動計算します。

詳しくは、「ボタン機能」-「全て使用」を参照して下さい。

 

汎用項目

汎用項目は、自由に設定出来る様に設けました。

 

汎用項目

汎用項目は、最大8つまで設けることが出来ます。また、それぞれの項目名称や顧客情報項目との対応付けも登録することが出来ます。

「項目名称の登録」-「汎用項目」画面で設定します。

※「項目名称の登録」は、グレードにより異なります。
※詳しくは、「項目名称の登録」を参照して下さい。

グレード プログラム
LAN PRO 項目名称の登録
Standard Light Tiny 項目名称の登録

 

作成日・更新日

作成日と更新日が表示されます。表示のみです。

 

作成日

注文データを初めて生成(手入力)または、取り込んだ時の日付です。変更不可。

 

更新日

注文データに何か変更を加えて登録した日付です。
「登録」ボタンをクリックする毎に処理日がセットされます。

 

商品明細情報

注文商品の明細情報を表示します。

※「新規注文登録」時は、何も表示されていません。注文商品を追加するには、「商品追加」ボタンをクリックして行います。

※設定により以下の項目を変更不可にする設定があります。

  • 商品コード
  • 商品名
  • 備考

設定は、「環境設定」-「注文画面|ポイント」画面の以下の項目にチェックを付けて登録します。

  • 「注文詳細」「注文新規登録」画面の商品明細欄の商品コード、商品名、備考項目を変更不可にする

 

注文商品数について

注文商品の数は、商品項目名称横に表示されます。

(例)
注文商品数が2の場合は、次の様になります。

 

一覧移動について

商品明細の一覧には、隠れている項目があります。これは、画面構成上全ての項目を表示しきれないからです。

「一覧移動」ボタンをクリックすることによりこの隠れている部分を表示させることが出来ます。

※詳しくは、「共通機能」-「「一覧移動」ボタン」を参照して下さい。

※隠れている部分は、以下の通りです。

 

商品明細欄の1注文商品を何行分で表示するか

商品明細の1注文商品を何行分で表示するかを設定出来ます。この設定をすることにより注文商品を見易くできます。注文商品数が多い場合、表示行数を上げると全ての商品を一目で見られないことがあります。その場合は、縦のスライドバーを使って隠れている部分を表示させます。

※詳しくは、「共通機能」-「商品備考の制御について」を参照して下さい。

 

商品明細の項目名称

商品明細の項目名称には、以下のものがあります。

  • 単価項目名称
  • 金額項目名称

これらの項目は、設定により変更可能です。

設定は、ドットコム通販のグレードにより異なります。

グレード プログラム 設定画面
LAN PRO 項目名称の登録 フィルタ選択: 混合
行数|商品備考|明細項目
Standard Light Tiny 項目名称の登録 行数|商品備考

次の画面で設定して登録します。

 

商品明細欄の項目

商品明細欄には、以下の項目があります。

  • 商品コード
  • 商品名
  • 備考
  • 単価
  • 数量
  • 金額
  • 非課税
  • 返品数量
  • 元数量
  • 税抜単価
  • 消費税
  • 消費税計

 

商品コード

注文商品の商品コードが表示されます。

 

商品名

注文商品の商品名が表示されます。

 

備考

注文商品の備考が表示されます。

 

単価

注文商品の単価が表示されます。変更可能です。

「消費税種類」によって表示される内容が異なります。

  • 外税|消費税なし ・・・・ 税抜単価
  • 内税 ・・・・ 税込単価

※「消費税種類」については、「環境設定」-「基本」画面を参照して下さい。

 

数量

注文数量が表示されます。変更可能です。

 

金額

計算結果が表示されます。変更不可。

数量 × 単価

 

非課税

注文商品が非課税かどうかが表示されます。
非課税の場合、チェックが付きます。変更可能です。

 

返品数量

部分返品があった場合に返品を入力します。
全返品の場合は、注文数量がゼロになります。返品数量には、元の注文数量が表示されます。

※この操作は、「進捗状況」-「返品」に印を付けた時に入力可能となります。それ以外は、入力不可。

 

元数量

注文受付時の注文数量が入ります。返品があっても変更されません。変更不可。

 

税抜単価

税抜きの商品単価が表示されます。

 

消費税

注文商品の消費税が表示されます。変更不可。

「消費税種類」によって表示される内容が異なります。

  • 外税|消費税なし ・・・・ ゼロ
  • 内税 ・・・・ 単価を元に計算された消費税

※「消費税種類」「消費税の扱い」については、「環境設定」-「基本」画面を参照して下さい。

 

消費税計

計算された注文商品の消費税合計が表示されます。変更不可。

消費税 × 数量

 

商品合計情報

商品合計欄の各項目は、「消費税種類」によって表示される内容が異なります。
また、再計算を行う為の条件項目もあります。

 

外税|消費税なしの項目並び順

  1. 商品合計(税抜き商品合計)
  2. 値引き1
  3. 課税対象額
  4. 消費税
  5. 手数料1(または、手数料2)
  6. 手数料2(または、手数料1)
  7. 送料
  8. 値引き2
  9. 請求金額

 

商品合計(税抜き商品合計)

消費税抜きの注文商品の金額合計です。変更不可。

 

値引き1

値引き額を入力します。マイナス表示されます。

※値引きテーブルを使用している場合、ドロップダウンボタンをクリックすると一覧が表示されますのでその中から選択します。

 

課税対象額

課税対象の注文商品の金額合計です。
値引きがある場合は、その金額を差し引いた金額です。消費税計算の元となる金額です。

 

消費税

全注文商品の消費税です。

  • 外税 ・・・・ 課税対象額 × 消費税率
  • 消費税なし ・・・・ ゼロ

 

手数料1(または、手数料2)

手数料を入力します。

※手数料1の指定をしている場合、手数料テーブルを使用している時は、ドロップダウンボタンをクリックすると一覧が表示されますのでその中から選択します。

 

手数料2(または、手数料1)

手数料を入力します。

※手数料1の指定をしている場合、手数料テーブルを使用している時は、ドロップダウンボタンをクリックすると一覧が表示されますのでその中から選択します。

 

送料

送料を入力します。

※送料テーブルを使用している場合、ドロップダウンボタンをクリックすると一覧が表示されますのでその中から選択します。

 

値引き2

値引き額を入力します。マイナス表示されます。

 

請求金額

注文に対するお客様への請求金額です。
以下の計算方法で算出します。

  • 外税 ・・・・  商品合計 + 値引き額1 + 消費税 + 値引き額2 +
    手数料1 + 手数料 2+ 送料
  • 消費税なし ・・・・ 商品合計 + 値引き額1 + 値引き額2 +
    手数料1 + 手数料 2+ 送料

※値引き額は、マイナス表示されていますので加算します。
※値引きと手数料は、設定により使用されていない場合があります。その時は、ゼロとして計算します。

 

内税時の項目並び順

  1. 税込み商品合計
  2. 税抜き商品合計
  3. 消費税
  4. 手数料1(または、手数料2)
  5. 手数料2(または、手数料1)
  6. 送料
  7. 値引き1(または、値引き2)
  8. 値引き2(または、値引き1)
  9. 請求金額

 

税込み商品合計

消費税込みの注文商品の金額合計です。変更不可。

 

税抜き商品合計

消費税抜きの注文商品の金額合計です。変更不可。

 

消費税

全注文商品の消費税です。

(税込み)商品合計 - (税抜き)商品合計

※消費税は、各注文商品毎の消費税合計ですがドットコム通販では、内部で以下の様に計算していますので上記表現を使用しています。

(税抜き)商品合計 + 各注文商品毎の消費税合計 → (税込み)商品合計

 

手数料1(または、手数料2)

手数料を入力します。

※手数料1の指定をしている場合、手数料テーブルを使用している時は、ドロップダウンボタンをクリックすると一覧が表示されますのでその中から選択します。

 

 

手数料2(または、手数料1)

手数料を入力します。

※手数料1の指定をしている場合、手数料テーブルを使用している時は、ドロップダウンボタンをクリックすると一覧が表示されますのでその中から選択します。

 

 

送料

送料を入力します。

※送料テーブルを使用している場合、ドロップダウンボタンをクリックすると一覧が表示されますのでその中から選択します。

 

 

値引き1(または、値引き2)

値引き額を入力します。マイナス表示されます。

※値引き1の指定をしている場合、値引きテーブルを使用している時は、ドロップダウンボタンをクリックすると一覧が表示されますのでその中から選択します。

 

 

値引き2(または、値引き1)

値引き額を入力します。マイナス表示されます。

※値引き1の指定をしている場合、値引きテーブルを使用している時は、ドロップダウンボタンをクリックすると一覧が表示されますのでその中から選択します。

 

 

請求金額

注文に対するお客様への請求金額です。
以下の計算方法で算出します。

(税込み)商品合計 + 値引き額1 + 消費税 + 値引き額2 +
手数料1 + 手数料 2+ 送料

※値引き額は、マイナス表示されていますので加算します。
※値引きと手数料は、設定により使用されていない場合があります。その時は、ゼロとして計算します。

 

計算条件の適用項目と再計算

再計算を行う条件として「計算条件適用項目」があります。

 

計算条件適用項目

この項目には、以下のものがあります。

  • 値引き
  • 手数料
  • 送料
  • 取得ポイント

※詳しくは、「ボタン機能」-「再計算」を参照して下さい。

 

「再計算」ボタン

このボタンをクリックすると「計算条件適用項目」にチェックを付けた条件を元に各項目を再計算します。

※詳しくは、「ボタン機能」-「再計算」を参照して下さい。

 

進捗状況情報

作業の進行状況が分かるように印を付けて管理します。
これらの項目は、クリックすると印が付き、もう一度クリックすると印が消えます。
印が付いている状態は、その作業が終了している事を意味します 。

※印は、「環境設定」-「印の設定」画面で登録した内容が表示されます。

※各項目の並びは、「代金支払形態」により異なります。
詳しくは、「共通機能」-「代金支払形態」の「代金支払形態による画面項目の並びについて」を参照して下さい。

代金先払い

代金後払い

 

進捗状況項目の説明

進捗状況項目には、以下のものがあります。

  • 注文確認mail
  • 入金済み
  • 入金確認mail
  • 送り状印刷
  • 納品書印刷
  • 発送済み
  • 発送確認mail
  • キャンセル
  • 返品
  • 売上済み
  • 完了
  • 付箋

 

注文確認mail

クリックすると注文確認メール送信済みを意味する印が表示されます。
注文確認メールの送信と連動して自動的に印を付ける事も出来ます。

確認メール設定」画面の以下の項目にチェックを付けてメール送信すると自動的に印が付きます。

  • 確認メール済みにする

 

入金済み

クリックすると入金済みを意味する印が表示されます。入金済みとなった時にクリックします。クリックすると以下の項目に値が自動的にセットされます。

  • 入金日 ・・・・ 処理日がセットされます
  • 入金金額 ・・・・ 請求金額がセットされます

※処理日と実際に入金があった日とが違う場合があります。その場合は、変更します。

※もう一度クリックするとメッセージが表示されます。

「はい(Y)」ボタンをクリックすると以下の状態になります。

  • 印 ・・・・ 消えます
  • 入金日 ・・・・ 空欄
  • 入金金額 ・・・・ ゼロ

 

入金確認mail

クリックすると入金確認メール送信済みを意味する印が表示されます。
入金確認メールの送信と連動して自動的に印を付ける事も出来ます。

確認メール設定」画面の以下の項目にチェックを付けてメール送信すると自動的に印が付きます。

  • 確認メール済みにする

 

送り状印刷

クリックすると送り状印刷済みを意味する印が表示されます。
「送り状の印刷」と連動して自動的に印を付ける事も出来ます。

送り状の印刷」画面の以下の項目にチェックを付けて表示|印刷すると自動的に印が付きます。

  • 「送り状印刷」にする(表示|印刷時の処理)

タックシールの印刷」画面でも同様な処理が出来ます。

 

納品書印刷

クリックすると納品書印刷済みを意味する印が表示されます。
「納品書の印刷」と連動して自動的に印を付ける事も出来ます。

納品書の印刷」画面の以下の項目にチェックを付けて表示|印刷すると自動的に印が付きます。

  • 「納品書印刷」済みにする(表示|印刷時の処理)

 

発送済み

クリックすると商品発送済みを意味する印が表示されます。
商品を発送した時にクリックします。発送日に処理日が自動的にセットされます。
「送り状の印刷」と連動して自動的に印を付ける事も出来ます。

送り状の印刷」画面の以下の項目にチェックを付けて表示|印刷すると自動的に印が付きます。

  • 「発送済み」にする(表示|印刷時の処理)

タックシールの印刷」画面でも同様な処理が出来ます。

※処理日と実際に発送した日とが違う場合があります。その場合は、変更します。

※もう一度クリックするとメッセージが表示されます。

「はい(Y)」ボタンをクリックすると以下の状態になります。

  • 印 ・・・・ 消えます
  • 発送日 ・・・・ 空欄

 

発送確認mail

クリックすると発送確認メール送信済みを意味する印が表示されます。
発送確認メールの送信と連動して自動的に印を付ける事も出来ます。

確認メール設定」画面の以下の項目にチェックを付けてメール送信すると自動的に印が付きます。

  • 確認メール済みにする

 

キャンセル

クリックするとキャンセルを意味する印が表示されます。
キャンセル日に処理日が自動的にセットされます。

以下の状態では、キャンセル出来ません。

  • 商品発送済み

この状態でキャンセルするとメッセージが表示されますので「OK」ボタンをクリックします。

キャンセルには、以下の3つの意味合いがあります。
それぞれに異なる印を登録して区別すると良いでしょう。

  • 注文自体がキャンセルされた場合
  • 分割処理を行った場合
    注文の「分割処理」では、分割元の注文はキャンセル扱いとなります。
    「分割キャンセル」を意味する印が自動表示され分割を解除すると元に戻ります。
  • 同梱処理を行った場合
    同梱処理」では、同梱元の注文はキャンセル扱いとなります。
    「同梱キャンセル」を意味する印が自動表示され同梱を解除すると元に戻ります。

 

返品

返品があった時にクリックします。
クリックすると以下のどちらかを選択する確認画面が表示されます。

  • 全商品返品
  • 部分返品

 

「はい(Y)」ボタンクリック

全返品を選択しました。全返品用の印が表示されます。
以下の商品明細欄の項目内容や商品合計欄の全ての項目内容がゼロになります。

  • 数量
  • 金額
  • 消費税
  • 消費税計

返品日に処理日が自動的にセットされます。
そして、返品理由を選択します。

 

「いいえ(N)」ボタンをクリック

部分返品を選択しました。部分返品用の印が表示されます。
メッセージが表示されますので「OK」ボタンをクリックします。

商品明細欄の「返品数量」を入力してから「再計算」ボタンをクリックします。

 

「キャンセル」ボタンクリック

このボタンをクリックすると「返品」ボタンをクリックしなかった状態に戻ります。

 

返品の状態を戻す場合は、もう一度「返品」をクリックします。
確認メッセージが表示されますので「はい(Y)」ボタンをクリックします。

返品を戻したメッセージが表示されますので「OK」ボタンをクリックします。

商品が発送済みになっていない状態でクリックするとメッセージが表示されますので「OK」ボタンをクリックします。

 

売上済み

クリックすると売上を意味する印が表示されます。
売上日に処理日が自動的にセットされます。

※この売上日を元に売上一覧が表示されます。
処理日が売上計上日と異なる場合は、変更します。

以下の状態の場合は、クリックするとメッセージが表示されますので「OK」ボタンをクリックします。

  • キャンセル
  • 全商品返品

 

完了

クリックすると完了を意味する印が表示されます。
注文の全処理が完了した場合にクリックします。

※「完了」に印が付いている状態でのみ「データ移動」が行えます。

 

付箋

クリックすると付箋有りを意味する印が表示されます。
付箋を付けた理由など注文処理途中で何かメモしておきたい場合に利用します。

(例)
商品入荷待ち等がある場合、クリックして印を付けその理由を「付箋内容・メモ」欄に登録してお くと分かり易いでしょう。

 

コメント情報

コメントは、3種類あります。それぞれに異なる用途で使い分けします。

  • コメント・備考
  • 付箋内容・メモ
  • 注意メモ

 

コメント・備考

このコメント欄には、注文メール内のコメント・備考がセットされます。
注文主(お客様)からのご意見・要望内容をセットする欄として使用します。

注文メール取り込み時、「追加項目設定」で設定した項目の内容をこの欄に自動的にセットすることも出来ます。

※「追加項目設定」は、「コメント・備考に追加する項目指定」画面で行います。

「フィルタの選択」-「フィルタの定義」-「追加項目設定」 ボタンクリックで起動

 

付箋内容・メモ

注文処理途中で何かメモしておきたい場合等に使用します。
進捗管理の「付箋」に印を付けた時にその理由を入力(任意)します。

注意メモ

注文主に関する何か特別に残しておく事柄を入力します。

この内容は、再度この注文主から注文があった時にも表示されますので確認出来ます。変更も可能です。

「注文主(お客様)情報」の「注意メモ」の内容が赤字で表示されます。
この画面で内容を追加・変更して登録すると「注文主(お客様)情報」にも登録されます。

登録されていると「ボタン機能」-「注文主情報」ボタンが赤くなります。

 

同梱・分割情報

同梱や分割の処理をされた注文データが画面上でどの様に表示されるかを説明します。
どちらの処理も新たに注文データを生成し元データは、キャンセル扱いします。

 

同梱

同梱とは、同一注文主の複数注文を1つにまとめる処理です。
同梱処理をすると注文データは、2種類のデータに分けられます。
注文データがこれらのどのデータかを画面に表示して区別しています。

  • 同梱元データ
  • 同梱先データ

「注文一覧」画面には、以下の様に表示されます。

※赤枠で囲った部分が同梱データです。2つの注文データを1つにまとめたものです。
欄外に P と表示されているのが同梱先データです。
キャンセル欄に の文字が表示されているのが同梱元データです。
これらの文字は、「環境設定」-「印の設定」画面で設定出来ます。

 

同梱元データ

同梱元データとは、同梱する元の注文データのことです。
画面には、以下の様に表示されます。

※追加・変更内容は、登録出来ません。追加・変更する場合は、「同梱解除」を行ってからします。

 

同梱先データ

同梱先データとは、同梱元データを1つの注文にまとめたもので新たな注文データとして生成されます。
画面には、以下の様に表示されます。

※追加・変更は、この画面で行います。

 

分割

分割とは、1つの注文を複数の注文に分ける処理です。
分割処理をすると注文データは、2種類のデータに分けられます。
注文データがこれらのどのデータかを画面に表示して区別しています。

  • 分割元データ
  • 分割先データ

「注文一覧」画面には、以下の様に表示されます。

※赤枠で囲った部分が分割データです。注文データを2つに分割したものです。
欄外に B と表示されているのが分割先データです。
キャンセル欄に の文字が表示されているのが分割元データです。
これらの文字は、「環境設定」-「印の設定」画面で設定出来ます。

 

分割元データ

分割元データとは、分割する元の注文データのことです。
画面には、以下の様に表示されます。

※追加・変更内容は、登録出来ません。追加・変更する場合は、「分割解除」を行ってからします。

 

分割先データ

分割先データとは、分割元データを複数の注文に分割して新たに生成された注文データのことです。
画面には、以下の様に表示されます。

※追加・変更は、この画面で行います。

 

 

ボタン機能

利用出来るボタンは、グレードにより異なります。また、3つのプログラムによっても異なります。

 

グレードによる違い

ドットコム通販Tinyだけは、他のグレードと異なり以下のボタンがありません。
これは、ドットコム通販Tinyには、メール機能が無い為です。

  • その他注文
  • メール内容
  • 確認メール
  • 番号取得

 

プログラムによる違い

ボタン名称新規注文登録注文詳細注文内容
閉じる
登録
次の新規注文登録
注文主情報
番号取得
雛形セット
返金情報クリア
全て使用
その他注文
メール内容
商品追加
商品削除
再計算
送り状印刷
納品書印刷
郵便振替印刷
タック印刷
確認メール
処理メニュー
データ移動
※ドットコム通販Tinyには、以下のボタンはありません。
  ・その他注文
  ・メール内容
  ・確認メール
  ・番号取得

 

日付を変更するボタン

日付を変更するボタンは、日付項目の右横に設けてあります。

 は、日付を1日進めます。

 は、日付を1日戻します。

 

閉じる

「閉じる」ボタンをクリックすると画面を閉じます。

画面項目を入力や変更した後に「登録」ボタンをクリックせずに「閉じる」ボタンをクリックした場合、警告メッセージを表示させることが出来ます。これは、登録漏れや間違えてボタンをクリックした場合に有効です。

登録せずに終了する場合には、「はい(Y)」ボタンをクリックして画面を閉じます。

警告メッセージを表示させる様に設定するには、「環境設定」-「注文画面|ポイント」画面の以下の項目にチェックを付けて登録します。

  • 「注文詳細」「新規注文登録」画面で変更データを登録せずに終了しようとすると警告メッセージを表示する

登録

「登録」ボタンをクリックすると画面内容を登録します。

データの入力や変更などが無い場合は、メッセージが表示されます。
「OK」ボタンをクリックして画面を閉じます。

既に移動している注文データの内容を入力や変更した場合は、確認メッセージが表示されますす。登録する場合は、「はい(Y)」ボタンをクリックします。

商品マスタに登録されていない商品の場合、登録マスタに登録するかどうかの確認メッセージを表示することが出来ます。
環境設定」-「注文画面|ポイント」画面の以下の項目にチェックを外して登録すると確認メッセージが表示されます。

  • 「新規注文登録」または、「注文詳細」画面で新商品を商品マスタに自動登録しない

その他、「登録」ボタンをクリックすると以下のチェックを行ってエラーと判断した場合は、メッセージが表示されますので「OK」ボタンをクリックして画面を閉じます。

  • 日付チェック
  • 注文主電話番号と枝番の有無
  • お届け先がある場合
    1.お届け先電話番号と枝番が適切か
    2.お届け先氏名の有無
    3.お届け先住所の有無
  • キャンセルと返品(全商品)の同時指定

次の新規注文登録

「次の新規注文登録」ボタンをクリックすると画面が初期状態になり最初から注文データを入力出来る状態になります。「次の新規注文登録」ボタンは、画面から消えます。

このボタンは、次の条件の時に表示されます。

  • 「新規注文登録」プログラムが起動している
  • 「登録」ボタンがクリックされた

注文主情報

「注文主情報」ボタンをクリックすると「注文主(お客様)情報」画面が表示されます。

電話番号が入力されていない状態でクリックするとメッセージが表示されます。
「OK」ボタンをクリックして閉じます。

※ 「注文主(お客様)情報」-「注意メモ」に何か記載されていれば、このボタンが赤色になります。

その内容は、「注意メモ(注文主情報に反映されます)」項目欄に表示されています。

雛形セット

「雛形セット」ボタンは、以下の項目で利用出来ます。

  • 品名
  • 備考

「雛形セット」ボタンをクリックすると「環境設定」-「送り状|納品書|タックシール」画面の以下の項目内容が表示されます。

  • 品名雛形
  • 備考雛形

もう一度クリックすると項目が空欄になります。

番号取得

「番号取得」ボタンをクリックすると「お問い合せ番号の取得」画面が表示されます。

返金情報クリア

「返金情報クリア」ボタンをクリックすると確認メッセージが表示されます。

「はい(Y)」ボタンをクリックすると画面に表示されている返金情報クリアされます。

返金情報とは、以下の項目です。

  • 返金日
  • 返金
  • 売上金額(入金金額と同額になります)

全て使用

「全て使用」ボタンをクリックすると所有しているポイントから出来るだけ「請求金額」に近い「今回使用ポイント」を自動計算します。

※ドットコム通販Light Tiny には、ポイント機能はありません。

※「環境設定」-「注文画面|ポイント」画面の以下の項目にチェックを付けて登録するとこのボタンが利用できるようになります。この項目にチェックが付いていないとポイント機能がドットコム通販では、出来ません。

  • ポイント有り (ドットコム通販でポイントを扱う場合、チェックを付けます)

※、「今回使用ポイント」を利用する為には、ポイント値引き(ポイント支払い)が前提となります。このポイント値引きは、「値引き2」でのみ扱えます。「値引き2」を利用出来る様に予め設定されていなければなりません。

「値引き2」を利用できるようにするには、以下のどちらかで指定します。

  • 「項目名称の登録」-「値引き|手数料項目」
  • 値引きの登録」-「基本」

「項目名称の登録」は、グレードによりプログラムが異なります。

グレード プログラム
ドットコム通販LAN PRO 項目名称の登録
ドットコム通販Standard 項目名称の登録

値引きの登録」-「値引き2」画面の「条件設定2」の以下の項目が選択されていない場合、メッセージが表示されますので選択します。メッセージは、「OK」ボタンをクリックして閉じます。

  • ポイントを使った値引きをする

値引きの登録」-「値引き2」画面の「条件設定2」で以下の項目の換算金額がゼロの場合、メッセージが表示されますので設定します。メッセージは、「OK」ボタンをクリックして閉じます。

  • ポイントを使った値引きをする

その他注文

「その他注文」ボタンをクリックすると「その他の注文情報」画面が表示されます。

のし・ラッピング等、「注文詳細」画面に表示されていない注文情報が表示されます。
注文情報があればボタンが赤色になり 見落とさない様に配慮しています。

メール内容

「メール内容」ボタンをクリックすると取り込んだ内容をメール形式に変換した内容をて表示する画面が表示されます。

表示される内容は、以下の3種類です。どの内容を表示するかは、自動的に判断して切り換えます。

※取り込んだ内容がない注文でこのボタンをクリックすると以下のメッセージが表示されます。
「OK」ボタンをクリックして閉じます。

商品追加

「商品追加」ボタンをクリックすると「商品追加」画面が表示されます。

この画面で注文商品を選択または、入力して「商品明細」欄に追加します。

商品削除

「商品削除」ボタンをクリックすると確認メッセージが表示されます。

「はい(Y)」をクリックすると「商品明細」欄に表示されている指定注文商品を一覧から消すことが出来ます。「登録」ボタンをクリックすることでこの注文からその注文商品を削除することが出来ます。

削除商品の指定方法

どの商品を削除するかは、削除する商品行をクリックします。どの項目でもかまいません。
選択すると左端に印が付きますので確認出来ます。

再計算

「再計算」ボタンをクリックすると「商品明細」欄の金額を元に再計算して「金額合計」欄に結果をセットします。「請求金額」も再計算されます。

また、「計算条件適用項目」の項目にチェックが付いていれば、その項目に対して予め登録しておいた条件でその金額を計算します。そして、「請求金額」が再計算されます。

「計算条件適用項目」には、以下の項目があります。

  • 値引き
  • 手数料
  • 送料
  • 取得ポイント

「予め登録しておいた条件」とは、それぞれのプログラムで登録します。

計算条件適用項目 プログラム
値引き 値引きの登録
手数料 手数料の登録
送料 送料の登録
取得ポイント 環境設定」-「注文画面|ポイント」

※「処理メニュー」-「消費税情報」で「変更」を行った場合もこのボタンをクリックして再計算を行います。

送り状印刷

「送り状印刷」ボタンをクリックすると「送り状の印刷」画面が表示されます。
この画面で配送業者の送り状を印刷印刷します。

納品書印刷

「納品書印刷」ボタンをクリックすると「納品書の印刷」画面が表示されます。
この画面で注文の納品書を印刷します。

郵便振替印刷

「郵便振替印刷」ボタンをクリックすると「郵便振替の印刷」画面が表示されます。
この画面で支払方法が「郵便振替」の場合、その用紙を印刷します。

タック印刷

「タック印刷」ボタンをクリックすると「タックシールの印刷」画面が表示されます。
この画面でタックシール(ラベル)に宛名住所を印刷します。

確認メール

「確認メール」ボタンをクリックすると「確認メール設定」画面が表示されます。
この画面でどの確認メールを送信するかを決めます。

処理メニュー

「処理メニュー」ボタンをクリックすると「処理メニュー」画面が表示されます。

この画面には、以下のボタンがあります。

  • 注文分割
  • 分割を戻す
  • 同梱を戻す
  • 構成内容
  • 消費税情報
  • 督促履歴
  • 注文履歴
  • 注文削除

※ドットコム通販のグレードやこの画面を表示するプログラムの注文内容によって利用出来るボタンが異なります。

データ移動

「データ移動」ボタンをクリックすると自動判定された移動先のメッセージが表示されます。

「はい(Y)」をクリックすると自動判定された移動先に表示され「注文一覧」からは消えます。
移動後、この注文内容を確認するにはそれぞれの移動先で行います。

移動出来る状態でない場合は、メッセージが表示されます。
「OK」ボタンをクリックして閉じます。

移動先には、以下のものがあります。全て一覧表画面です。

  • 完了一覧
  • キャンセル一覧
  • 返品一覧(全返品)
  • 同梱/分割元一覧

移動するには、条件を満たしていなければなりません。満たしていない場合は、移動出来ません。条件は、進捗状況の内容で判断されます。

移動先 移動条件(進捗状況の内容)
完了一覧 完了+発送済み
キャンセル一覧 完了+キャンセル
返品一覧(全返品) 完了+発送済み+返品(全返品)
同梱/分割元一覧 完了+キャンセル(同梱元/分割元)

 

Top