コンテンツへスキップ

値引きの登録

ドットコム通販は、通信販売サポートする通販管理ソフト(通販ソフト)です。

ドットコム通販で使用する値引き金額(以下、値引き)の計算方法を登録します。

値引きの登録とは

「新規注文登録」や「注文詳細」画面の合計欄(以下、合計欄)で値引きの再計算を行う場合、ここで登録した内容で自動計算されます。

値引きをどの様に定義しておくかをこの画面で登録します。値引き項目は、最大2つまで登録出来ます。いくつ登録するかは、ショップの運用方法に合わせます。マイナス表示されます。

値引きは、3つの画面を使って定義します。

  • 基本
  • 値引き1
  • 値引き2

この他に値引きテーブルを登録出来ますので合計欄の値引き項目でテーブル内容を選択出来ます。テーブルが利用出来るのは、値引き1です。

消費税の種類により合計欄で値引き1と値引き2が表示される位置が異なりますので注意します。

※値引きのテーブル登録は、「値引きテーブルの登録」画面で行います。

 

外税|消費税なし

どの値引き項目を使用するかによって合計欄の表示位置が以下の様に決められています。使用する際は、注意します。

値引き1

表示位置は、「商品合計」項目の後。課税対象額は、「商品合計」から「値引き1」を差し引いた額になります。(実際は、マイナス表示されますので「商品合計」に加算されます)

値引き2

表示位置は、「請求金額」項目の前。「商品合計」から差し引きます。(実際は、マイナス表示されますので「商品合計」に加算されます)

 

内税

表示される位置は、「請求金額」項目の前です。「(税込み)商品合計」から差し引きます。(実際は、マイナス表示されますので「(税込み)商品合計」に加算されます)

 

画面項目の説明

メンテナンス(M)-「値引きの登録」をクリックすると「値引きの登録」画面が表示されます。
値引きは、3つの画面を使って定義します。

基本

基本の画面は、値引きをいくつ使用するかを定義します。使用する項目の名称等も定義出来ます。

※「項目名称の登録」でも同じ登録が出来ます。但し、フィルタ選択が「一般」の場合です。

 

値引き1

基本の画面で「値引き1」を利用出来るよう設定した場合に使用出来ます。

条件設定1には、以下のものがあります。

  • 手入力
  • 一律
  • 率による決め方
  • 値引きの範囲指定(金額)
  • 値引きの範囲指定(%)
  • テーブルに登録した金額から自動選択

 

値引き2

基本の画面で「値引き2」を利用出来るよう設定した場合に使用出来ます。

条件設定2には、以下のものがあります。

  • 手入力
  • 一律
  • 率による決め方
  • 値引きの範囲指定(金額)
  • 値引きの範囲指定(%)
  • ポイントを使った値引きをする

 

値引き項目数

使用する値引き項目の数を指定します。
ここで指定した項目数が金額合計欄に反映されます。

 

値引き項目が1つの時の項目選択

値引き項目数を「1つ」とした場合、「値引き1」と「値引き2」のどちらを利用するかを指定します。

「値引き1」は、テーブル利用可能な項目です。合計欄の「値引き1」横の  をクリックすると登録したテーブル内容を一覧として表示します。値引きテーブルを利用する場合は必ず「値引き1」を指定します。

 

値引き項目が2つの時の表示順

消費税の種類により異なります。

外税|消費税なし

指定出来ません。表示位置は、決まっています。

内税

値引き項目数を「2つ」とした場合、金額合計欄での表示順を「値引き1」と「値引き2」、どちらを先にするかを指定します。

 

値引き項目名称

値引き項目の名称を入力します。
名称は、合計欄に2行で表示出来ますので見た目を合わせるとよいでしょう。

※名称を2行にするには、2行目に表示したい文字の先頭にカーソルを位置付けてからEnterキーを一度押して改行させます。1行分のみの名称であれば、先にEnterキーを一度押して、改行させてから残りの1行分を入力します。

 

条件指定1|条件指定2

条件指定1と条件指定2を合わせて説明します。両条件指定で共通する項目は、条件指定1の画面で説明します。

 

手入力

値引き額をその都度、手入力で行う場合に指定します。

 

一律

値引きを固定にしている場合に指定します。 設定金額がそのまま使用されます。

 

率による決め方

値引きを基準にした商品合計の何%とする場合に指定します。

※内税の場合、基準にした商品合計とは、「値引きの計算基準となる商品合計」で指定した内容です。

 

値引きの範囲指定(金額)

基準にした商品合計を元にその合計金額が指定金額「以上」か「未満」かで決める場合に指定します。設定金額がそのまま使用されます。

※内税の場合、基準にした商品合計とは、「値引きの計算基準となる商品合計」で指定した内容です。

 

値引きの範囲指定(%)

基準にした商品合計を元にその合計金額が指定金額「以上」か「未満」かで決める場合に指定します。値引きを%(率)を使って計算する場合に指定します。

※内税の場合、基準にした商品合計とは、「値引きの計算基準となる商品合計」で指定した内容です。

 

テーブルに登録した金額から自動選択

値引きのテーブルを利用して金額を求める場合に指定します。必ず「値引きテーブルの登録」で値引き金額を段階的に登録します。

※テーブルが利用出来るのは、「値引き1」のみです。

 

ポイントを使った値引きをする

ポイントを使って値引き金額を決める場合に指定します。
この場合は、換算金額を入力します。

※ポイントを使った値引きが利用出来るのは、「値引き2」のみです。
※メンテナンス(M)-「環境設定」-「注文画面|ポイント」の「ポイント計算条件」-「ポイント有り (ドットコム通販でポイントを扱う場合、チェックを付けます)」にチェックを付けると利用出来ます。

 

ポイント換算金額

ポイント値引きを計算する時、1ポイント何円で換算するかを指定します。

 

計算ポイントの範囲

値引きに使用できるポイント範囲を以下の項目の合算とする場合にチェックを付けます。
チェックを外すと「前回までのポイント残高」のみが範囲になります。

  • 前回までのポイント残高
  • 今回取得ポイント
  • ボーナスポイント

 

値引きの計算基準となる商品合計(内税のみ有効)

条件指定の基準になる商品合計の金額を何にするかを以下の中から指定します。
消費税の種類が内税の場合にのみ設定可能です。

  • 税抜き商品合計
  • 税込み商品合計

※外税|消費税なしの場合は、「税抜き商品合計」が基準になる商品合計です。

 

%計算結果に消費税を加算した内容を値引き額とする

値引き計算を%(率)で行う場合、計算した金額にその消費税を加算したものを値引きとする場合にチェックを付けます。

※値引き計算を%(率)以外で行う指定をした場合、消費税を値引き額に加算して指定するかどうかは、状況に合わせて判断して下さい。

 

「テーブル登録」ボタン

値引きをテーブル登録するには、このボタンをクリックして「 値引きテーブルの登録」画面を表示させて行います。

値引きテーブルで登録した内容は、「新規注文登録」や「注文詳細」画面の値引き1項目の をクリックすると表示され選択可能になります。

※「値引きの登録」画面で登録された条件は、「値引きテーブル」とは関係なく優先的に使用されます。

 

値引きの登録の操作

メンテナンス(M)-「値引きの登録」をクリックすると「値引きの登録」画面が表示されます。

値引きは、3つの画面を使って定義します。

  • 基本
  • 値引き1
  • 値引き2

 

基本

値引き1

値引き2

 

登録

ショップの運用方法に合わせて基本|値引き1|値引き2を設定します。設定後、「登録」ボタンをクリックします。

登録されたことを示すメッセージが表示されますので「OK」ボタンをクリックします。

 

テーブル登録

「テーブル登録」ボタンをクリックします。

すると「値引きテーブルの登録」画面が表示されます。

この画面で値引きを登録します。

 

操作終了

操作が終了したら「閉じる」ボタンをクリックして画面を閉じます。

 

Top