コンテンツへスキップ

返品理由の登録

ドットコム通販は、通信販売サポートする通販管理ソフト(通販ソフト)です。

ドットコム通販で使用する返品理由の登録を行います。

 

返品理由の登録とは

ドットコム通販で使用する返品理由の登録を行います。

返品理由の登録とは、どの様な理由でお客様が返品するかを予め登録しておくものです。登録した返品理由は、注文詳細で使用します。

主な返品理由は、予め登録してありますが必要に応じて追加します。使用しない返品理由は、「使用する」のチェックを外しておけば注文詳細の「返品理由」選択内に表示されませんので選択し易くなります。

 

画面項目説明

メンテナンス(M)-「返品理由の登録」をクリックすると「返品理由の登録」画面が表示されます。

コード

コードは、1~99の間で登録します。
コードを入力すると、既に登録されていれば、その内容が表示されます。

 

返品理由

入力したコードに対する返品理由を入力します。15文字以内で入力します。

 

使用する

ドットコム通販の返品理由として使用する場合にチェックを付けます。
チェックを外して登録すると「返品理由」項目を使用している箇所で選択出来なくなります。

「使用する」項目の扱いについての注意も参考にして下さい。

 

標準にする

チェックを付けると、初期値として「返品理由」項目に表示されます。最もよく使う返品理由にチェックを付けておくと便利でしょう。この機能が嫌な場合は、「標準にする」のチェックを全て外しておきます。

他の返品理由の「標準」にチェックを付けて登録すると、既に付いている返品理由の「標準」は、自動的にチェックが外されます。

※この機能は、現在、無効になっています。

 

一覧画面

登録内容がコード順に表示されます。
内容をクリックすると、その行の情報が項目欄に表示され変更可能になります。また、表示されていなかった「削除」ボタンが表示されますので削除出来る様になります。

以下の項目があります。

  • コード
  • 返品理由
  • 使用
  • 標準

コード

入力した「コード」の項目内容が表示されます。

返品理由

入力された「返品理由」の項目内容が表示されます。

使用

「使用する」の項目にチェックを付けた場合に「使用」と表示されます。

標準

「標準にする」の項目にチェックを付けた場合に「標準」と表示されます。

 

返品理由の登録の操作

メンテナンス(M)-「返品理由の登録」をクリックすると以下の画面が表示されます。

ドットコム通販の「メニュー」-「メンテナンス(M)」においてデータ登録の操作方法が同じものがあります。データ登録の操作方法が共通なものは、「共通の登録操作」で説明します。

 

Top