コンテンツへスキップ

フィルタを標準に戻す

通販業務をサポートする受注管理ソフト【ドットコム通販】

指定したフィルタをドットコム通販の初期設定値(標準)に戻します。

 

フィルタを標準に戻すとは

指定したフィルタをドットコム通販の初期設定値(標準)に戻します。
戻し方は、2種類あります。

  • 表示画面の項目のみを標準に戻す
  • このフィルタ全体の項目を標準に戻す

※予備フィルタを選択した場合は、使用出来ません。

 

ドットコム通販の規定値(標準)とは

ドットコム通販のフィルタは、ショップオーナー様からの依頼により生成しています。
新たに依頼があったフィルタは、そのショッピングカート名と共にドットコム通販に登録します。

依頼により新たにドットコム通販に登録したフィルタを初期設定値(標準)と呼びます。

この登録したフィルタは、そのショップオーナー様から依頼があった注文メール内容を取り込む為のものです。同じショッピングカートをお使いの場合でもショップ よっては注文メールの項目名などが異なる場合があります。項目名などが異なる場合は、注文メールに合わせて変更します。

 

戻される内容について

「標準に戻す範囲」の指定内容により、どの内容が戻されるかが決まります。
戻される内容は、以下の通りです。

  • フィルタ内容
  • 開始・終了文字列
  • 注文メール内で取り込みに不要な部分
  • 注文メールの判定文字

 

画面項目の説明

「フィルタの定義」画面の「標準に戻す」ボタンをクリックするとこの画面が表示されます。

 

標準に戻す範囲

ドットコム通販の初期設定値(標準)に戻す範囲を指定します。
範囲には、以下のものがあります。

  • 表示画面の項目のみを標準に戻す
  • このフィルタ全体の項目を標準に戻す

 

表示画面の項目のみを標準に戻す

「フィルタの定義」で「標準に戻す」ボタンをクリックした時に表示されているフィルタ内容のみを初期設定値(標準)に戻します。

(例)
「商品明細」フィルタが表示されている状態で「標準に戻す」ボタンをクリックした場合は、「商品明細」フィルタ関連の内容が初期設定値(標準)に戻されます。

 

このフィルタ全体の項目を標準に戻す

指定フィルタの「フィルタの定義」で登録されている全ての内容を初期設定値(標準)に戻します。

 

「セット」ボタン

このボタンをクリックすると「標準に戻す範囲」で指定した条件でフィルタ内容を初期設定値(標準)に戻します。

(注意)
このボタンをクリックするだけでは、登録されません。あくまでセット(画面を変更)したという意味だけです。登録するには、「フィルタの定義」の「登録」ボタンをクリックします。

※「フィルタの定義」画面に表示されている内容は、「セット」ボタンをクリックするだけでドットコム通販の初期設定値(標準)に変わります。

 

フィルタを標準に戻す操作

「フィルタの定義」画面の「標準に戻す」ボタンをクリックするとこの画面が表示されます。

 

セット

「標準に戻す範囲」を指定してから「セット」ボタンをクリックします。

確認メッセージが表示されますので「はい(Y)」をクリックします。

メッセージが表示されますので「OK」ボタンをクリック。

この画面が閉じます。
「フィルタの定義」画面では、初期設定値(標準)が表示されています。

 

閉じる

「閉じる」ボタンをクリックすると画面が閉じます。

 

Top